子育て中の疲れが取れない時に見直すべき3つのポイント!

子育て中の疲れが取れない時に見直すべき3つのポイント!

赤ちゃん

赤ちゃんが生まれたばかりのあなた!

「育児の疲れが取れない!でもゆっくり休んでいる時間なんてない!」

と諦めていませんか?

 

確かにお母さんは超忙しい!私なんて自分がお母さんになって、本当にの意味で自分自身の母親のありがたみがわかりました。

 

でも疲れてばかりではいけません!今回は私が乳児を育てた時に発明した

限られた時間の中で効率よく休んで日々の疲れを溜めないコツ」を伝授します!

 

日々の生活にちょっとしたことを加えるだけで疲れをぐっと軽減させることが出来ます。諦めてしまう前に生活改善法を試してみましょう。

その1 睡眠導入時間を短縮する

眠りに入るまでの時間を減らし、できるだけ深い睡眠の時間を長く取りましょう。

 

睡眠は育児の中で誰もが通る悩みです。

母は夜眠れませんよね!

授乳で決まった時間に起きなくてはいけないし、子供の夜泣きで眠ることが出来ません。

 

かと言って昼間は楽かと言えばそうでもない!

赤ちゃんに昼も夜もありません。眠れない拷問です。

 

絶対的に足りない睡眠時間を補うには、睡眠の質を上げるしかありません。

限られた時間の中で睡眠の質を上げるにはどうすればいいのかと言うと、眠りに付くまでにかかる時間を短縮すること。

 

布団に入ってもすぐ寝付けないとその分睡眠の時間は減ってしまいます。

スムーズに眠れるようにまずは環境を整えることが大事。

 

睡眠に入る前から、部屋の明かりを出来るだけ無くしてみたり、リラックスできるお茶を飲んだり、優しい音楽を聴いたりしてみて下さい。

なんでも良いので、眠る準備をすることによりすんなり睡眠に導入することができ、熟睡時間を伸ばすことができます。

関連>【必読】赤ちゃんを夜に寝かせる5つのコツ

 

昼寝の前にコーヒーを飲むと寝起きスッキリ!

卒乳後、もしくはミルク育児をしている方はお昼寝前にコーヒーを飲むのもおすすめです!

 

コーヒーって寝ないように飲むんじゃないの?と思っていませんか?

でも睡眠の質を上げるためにちょっと飲み方をちょっと工夫するだけで、睡眠の質が上がります。

 

お昼寝をする前にコーヒーを飲んでみてください。

お昼寝の理想は20分程。寝る前にコーヒーを飲むとすっきり起きられますよ。

 

カフェインは覚醒する作用があるのですが、カフェインの効き目は摂取してから20分以降でると言われています。

そのため昼寝前に飲むと20分後の起床時にカフェインが効いてスッキリと目覚められるというわけです!

 

しかしコレはお昼寝限定!

夜にコーヒーを飲むと目が覚めてしまうので、温かいお茶やホットミルクがおすすめです。

 

その2 身体を動かす!

「は?疲れてんのに体なんか動かせるわけねぇだろ!」と思いました?

しかし身体は動かさないと逆に疲れが溜まってしまうんです!

 

例えば飛行機って長時間座っているだけでも疲れますよね?

長時間同じ体勢でいるため血流が滞り、疲労物質が貯まるから疲れを感じると言われています。

 

しかし普段の生活にも同じ事が言えるそうで、いつも同じ運動(家事や育児の動作)をしていると体の一部に疲れが滞ります。

 

それを適度な運動をして普段動かさない筋肉にも刺激を入れ、からだの血流を良くしましょう!

疲労回復にも繋がるので積極的に身体は動かしたほうが良いんです!

 

身体を動かすといっても外に出てジョギング等、激しい運動するわけではなく、自宅にいながら出来る簡単なストレッチで十分です。

赤ちゃんのお昼寝の合間にやるくらいでもOK!

 

初めのうちは5分で大丈夫なので伸びをしたり身体をひねったりと身体の血流を良くして疲れにくい身体づくりをしましょう。

私の場合はヨガを真似した独自の体操を適当にしていますが、それでも終わった後は体がスッキリしますよ!

 

その3 自分へのご褒美

自分へのご褒美は心の栄養です。

でも赤ちゃんが生まれるとお金がかかりますよね?

生まれて1年目は赤ちゃんの費用だけで100万円くらいはかかってしまうようですが、あなたのためにお金を使うのも大切。

 

あなたが我慢しすぎて、育児ノイローゼなんかになってしまったら大変です!

本当に赤ちゃんに必要なのはお母さんですからね!ママへのお褒美も必要経費としてパパに請求してみましょう(笑)

 

身体の疲れを取ることも大切ですが精神的な疲れも解消していかないと根本的な解決とは言えません。

 

子供が小さいうちはお母さんが一人で自由に外出することは難しいでしょう。

しかし食材の買い出し時に新作のスイーツを買ってみたり、

ネット通販で自分の好きなものを見てるでけでも癒やされます。

 

自宅で出来る自分へのご褒美を確保することで楽しみができ、日々の育児に取り組む姿勢も大きく変わってくるはずです。

 

まとめ

育児はママだけの仕事ではないですが、旦那さんのお仕事が大変だと必然的にあなただけに負担がかかってしまいますよね?

 

でも普段の生活を見直すだけで簡単に疲れを軽減させることが出来ます。

お昼寝をちょっとだけ工夫したり、ちょっとヨガまがいのことをするだけでも全然違います。

 

また疲れが溜まってしまうと思わぬ事故に繋がったり、精神的に追い込まれてしまう結果となってしまいます。

相手は赤ちゃんですから、ちょっとしたミスが取り返しの付かない結果になってしまうかもしれません。

 

ひとつひとつは小さなことかもしれませんが、実践することにより日々の生活は変わってくるはずです。

 

関連記事

「産後うつ」になった私がススメる対策&対処法!うつの原因も赤裸々公開

どうしたらいいの?育児ノイローゼかも?と思ったら限界を迎える前に病院へ!

育児カテゴリの最新記事