子育てのイライラは抑えず逃がす!感情を上手にコントロールする方法3選

子育てのイライラは抑えず逃がす!感情を上手にコントロールする方法3選

育児のイライラが募って怒りの感情がコントロールできないお母さんは多いのではないでしょか?

子供に手を上げないまでも、行き場の無いイライラにストレスを感じると思います。

 

初めての事ばかりで不安になったり、思うようにいかず子供に対してイライラしてしまったりするのは仕方のないことです。

お母さんならみんなそうです。

 

怒りが爆発して大変なことになってしまう前に、感情を上手にコントロールしましょう。

子供がいないと出来ないことをする

私はイライラの感情のそのまま育児にぶつけています。

といっても虐待や暴力をしているわけではありません。

 

子供のせいでママの行動は制限されることが多いですよね?

それによってストレスが貯まりイライラしてしまうのですが、逆に子供がいることによってできるストレス発散方法があるのです!

 

例えば・・・

「赤ちゃんと一緒にたくさん泣く」
「子供と一緒に大声を出す」
「子供と思いっきり走る」

といった子供がいないとできないことをやってみましょう。

 

大人になるとなかなか、一人で大声で泣いたり、走ったりしなくなりますが、子供と一緒なら一緒にやっていてもおかしくありません。

 

 

自宅で簡単にお金が掛からなくてもできる発散方法なので、いつでも簡単にできますよ。

 

嫌がる子に無理に何かをやらせようとすると、あなたにストレスが溜まるので、少しの間はなすがままにしましょう。

 

また外出して一人になったり、育児から少し離れることが理想ではありますが、子供が小さいとそうもいきません。

まずは簡単な自宅で出来る発散法を試していきましょう。きっと自分にあった発散法が見つかるはずです。

 

カルシウムを摂る

ヨーグルト

イライラにはカルシウムを取るといい!というのは誰もが一度は聞いたことがありますよね?

 

カルシウムは興奮しているときにその興奮を抑える作用があると言われています。

頭に血が上ってしまった時などに牛乳を飲むと落ち着いて冷静に物事を考えられるようになりますよ。

 

牛乳を飲んだり、牛乳が苦手な方はホウレン草や小魚、納豆などの食品からも摂取できるので普段の食生活に取り入れるのもおススメです。

おやつとしてチーズやヨーグルトを食べると美容効果も期待できるので一石二鳥ですね。

 

イライラする現状から逃げ出す

子供と一緒にいるとどうしてもイライラしてしまうことがあります。

イライラが続くとお母さんにとっても子供にとっても望ましくない状況なので、一度その場から離れましょう。育児ノイローゼになってからでは遅いです。

 

周りに危険な物がないのであれば5分程子供のいない部屋に行くなどして自分の心が落ち着くまで子供と物理的な距離を取りましょう。

立ち向かってばかりいては疲れてしまうので、たまには逃げることも必要です。

逃げることもイライラを上手くコントロールする秘訣ですよ。

 

物に当たる

溜まった怒りを一度物にぶつけてみましょう。

周りの物を壊さないように注意してクッションや布団といった柔らかい物に怒りをぶつけましょう。

少し荒っぽく感じますが一番効果的です。

 

またはその怒りを原動力にして腹筋や腕立てするのもオススメです。

ストレス発散兼ダイエットになりますよ。

 

最後に

育児のイライラを我慢してしまうと育児ノイローゼになってしまったり、子供を虐待してしまったりと最悪のケースになりかねません。

それはあなたにとっても一番望んでない結果ですよね。

 

そうならない為にも普段からストレスを溜めず上手く発散していきましょう。

時にはパートナーや両親に自分の胸の内を思い切り話して周りを頼ることも大切です。

 

育児カテゴリの最新記事