育児でイライラしたくない人にオススメする3つの解決方法

育児でイライラしたくない人にオススメする3つの解決方法

子どもって可愛くて素敵で、本当に大切な宝物!

しかし毎日のように面倒を見ていると、そうは思えなくなってしまう時があります。

 

例えば夜泣き、わがまま、ママに攻撃(ひっかく、叩く)してくる時などは、さすがに怒りがこみ上げてきます。

 

でもそれにイライラしてしまうのは、ママ失格なんかじゃないですよ。

人間だから当たり前。

イライラしない人間なんているはずがないんですから。

 

 

今回は、可愛い我が子に当たってしまいたくない優しいママのための、イライラ解消法をご紹介します!

イライラの根本的な原因は「孤独感」

人間の心なので一概には言えませんが、多くのママのイライラの根本原因は「孤独感」だと言われています。

 

「こんなの私だけかもしれない」

「うちの子はこの育て方で大丈夫なのかな」

「1人でやらないといけないんだ」

と、無意識に思ってしまっていませんか?

 

確かに何かをする時に一人では心細いですよね?

一人で子育てという重大任務をに引き受けているのですから、それは大変なことです。

 

1人で抱えていることが、全ての原因だと言われています。

 

 

精神的にももちろんですが、こう考えてしまうことによって人に頼ることが出来ず、体力的にも時間的にも余裕が無くなってしまっている人が多いのです。

 

家事もして、旦那も支えて、育児も一人で完璧にしていたら身が持ちませんよ!

子育てをするのはとても大変。お母さんはみんなそうです。

 

 

今はネットで情報発信している人も多く、母の大変さを理解されやすい時代です。

 

育児や家事を手伝ってくれる人はなかなかいないですが、相談窓口ならどこにでもあります!

困ってしまった時はすぐに誰かに相談しましょう。

 

 

行政の子育て支援課や育児ママの掲示版などを活用しているママは意外と多いですよ。

ちょっと検索すれば、すぐにあなたと同じ悩みの人なんてすぐに見つかります。

 

相談相手を見つけるそれだけで「孤独感」は薄れます。すると育児に対する気持ちも軽くなりますよ。

 

3つのおすすめイライラ軽減方法!

せっかく作った離乳食を床にぶちまけられたら誰でもイラっとしますよね?

そんな時は孤独感も何も関係ありません。

 

そのような日々のイライラを軽減させる簡単な方法をご紹介します。

 

①子どもが寝たら自分も休む

赤ちゃん

赤ちゃんの子育てではあなたの睡眠時間がポイントです。

寝不足や疲労はそれだけでイライラの原因になります。

 

赤ちゃんが起きてる時はお世話をして、寝てる時は家事をする…なんて、あなたはスーパーマンじゃないんですよ!

眠ってもいいですし、ゆっくりとお茶を飲むのも良いでしょう。

 

 

ワーキングマザーは休みの日に家事を済ませたいとバタバタしてしまいがちですが、それも最低限にしてゆっくりした方が心には優しいです。

 

食洗機、洗濯乾燥機、ルンバなど自動で家事をこなしてくれる家電がたくさんあるので、旦那さんにお願いしてみてもいいかもしれません。

 

「そんなお金は無いよ!」という私のような人は「家事 アプリ」で検索してみると家事の時間を短縮できる便利なアプリが見つかりますよ!

 

②好きなものを食べる

サンドイッチ

産後のダイエットや、「甘いものを食べると乳腺炎になる」などの話を聞いて甘いものや脂っこいものを控えていませんか?

 

もちろんそれ自体は良いことなのですが、ストレスの1つになっていることも確かです。

 

人間の身体は丈夫なもので、ケーキを1~2個食べただけでは乳腺炎にはなりませんし、時間に余裕がある時に運動をすれば太りすぎることもありません。

 

イライラしてどうしようもない時は、ケーキやお肉など、普段控えている好きなものをたくさん食べてしまいましょう。

 

③他人の声には耳を向けない

外野の声をいちいち気にしてると疲れますので、「うるせぇ!黙っとけ!」くらいに思っておきましょう。

 

子育てをしているとたくさんの人から声をかけられます。

お義母さんだったり、友人だったり、たまたま電車の席で隣になった人だったり、、、

 

暖かい声もあれば、育児方法への非難や罵倒も言われてしまいます。

 

 

「◯歳なのに、もうお菓子をあげてるの?」

「そのくらいの家事は自分でやらなきゃダメよ。」

と、うちの事情も知らない人が好き勝手に文句を言ってきますが、一瞬で忘れましょう。

 

これは全てのママが悩んでいることであり、難しいでしょうが気にしてはいけません。

 

 

他人に何を言われても、ようは子どもがちゃんと育っていればあなたは立派な毎日ママなのです!

 

まとめ

上記の方法でイライラしなくなっても、育児が大変なことには変わりません!

 

体の負担は甚大です。

体力的に疲れてしまった時は、遠慮なく旦那さんにお願いしてみてください。

 

ちょっとした「ゴミだけ捨ててほしい」から始まって、「洗い物をしてほしい」「子どもをお風呂に入れてほしい」など、少しずつお願い事をステップアップしていきましょう。

 

そして、助けてくれた旦那さんには必ず「ありがとう、助かった」と欠かさずお礼を言ってくださいね。

「旦那がやって当たり前でしょ」と思ってはいけません。

 

 

結婚しても子どもが出来ても、男という生き物は「頼りにされている」感覚にはとても弱いのです。

是非無理に気合を入れすぎず、孤独でない子育てを目指してみてください!

イライラ解消法

育児カテゴリの最新記事