【乳児のママ必見】子育てでイライラしないたった3つの方法とは?

【乳児のママ必見】子育てでイライラしないたった3つの方法とは?

新しく我が子を迎えて、楽しく幸せな新生活!と思ったら、実は不安とイライラがめじろ押し…。

 

特に生まれたばかりの赤ちゃんは1秒たりとも目が離せませんよね?

家事もしなきゃいけないのに、ずっと赤ちゃん優先にしていたらママが倒れてしまいます。

 

実家が遠くて、旦那も忙しく、ずっと一人で面倒を見ているあなた。

常に赤ちゃんと一緒でストレス溜まってますよね?

 

一人で子供イライラが限界を超える前に、3つのストレス解消法をご紹介します。

乳児子育てのイライラ解決法

①赤ちゃん時間で動きましょう

赤ちゃん

赤ちゃんが起きている時はお世話をして、赤ちゃんが眠ったら家事をして、とバタバタしているママは多いようです。

でも、それだとあなたの休む時間がありません!

 

疲労や睡眠不足は何よりのイライラの原因。

 

赤ちゃんが起きていても、大人しくしているなら家事をしてもいいんです。赤ちゃんが眠ったらあなたも休みましょう。

 

一緒に眠っても、ゆっくりとお茶を飲んでも良いです。

しっかり睡眠が取れると、それだけでスッキリするものです。

 

家事の時短テク

家事を最短で終わらせるには計画を立てなければいけません。

 

「赤ちゃんの生活リズムに同じ合わせてたら、家事が追いつかないよ!」という方もいるかと思います。

そんな時は自分の家事を見直してみましょう。

 

行き当たりばったりの家事ではどうしても時間のロスができてしまいます。

もっと効率よくできないかな?と考えてみると意外と時間ってあるものです。

日単位ではなく、週間単位で家事計画を作って紙に書いてみると、効率良く育児と家事が進むはずですよ。

 

②イライラした時は甘いものを食べても良い

ヨーグルト

「甘いものを食べすぎると乳腺炎になるから」と言われて、チョコレートやケーキを控えていませんか?

もちろんそれは良いことなのですが、我慢のしすぎは良くないです。

 

人間の体は丈夫なもので、1度ケーキを1~2個食べたくらいでは乳腺炎にはなりません。もちろんそれが毎週ではいけませんが……。

 

糖分摂取はストレス解消にもってこいなので、たまには贅沢してみませんか?

 

③夜泣きは慌てすぎないで!

寝ている赤ちゃん

赤ちゃんの子育てで1番辛いのは夜泣きですよね。

寝不足になるし、近所に響いていないか不安だし、と必死に慌ててあやすもののなかなか泣き止んでくれません。

 

でも、アメリカでは「Cry it out」というあやし方があるのをご存知ですか?

 

意味は「泣かせ尽くし」で、親がいなくても、あやされなくても眠る習慣を赤ちゃんにつけさせるのです。

 

Cry it outのやり方

やり方は、最初は3分程度泣き出してもあやしません。

その後ベビーベッドの外から声をかけるなどを数十秒して、またその場を離れます。そしてまた3分ほどしたらあやしにかかる。その感覚を毎晩少しずつ長くしていく。

 

そうすることで、赤ちゃんはずっとあやされない不安感にはかられずに、泣き疲れて寝てしまいます。

そして少しずつ、あやされなくても眠る癖がついてくるのです。

 

もちろん赤ちゃんが健康で、安全が確保される日常でのみ試してみてください。

 

あなたのイライラは赤ちゃんに良くない!

baby

当然ですがママのイライラは育児をする上で何も良い影響はありません。

 

泣くことでしか感情を表すことな出来ない赤ちゃんですが、実は大人の感情をとてもよく理解しているのです。

あなたがイライラすると赤ちゃんも不安定な気持ちになるんです。

 

言葉はわからなくても、その口調や表情でほとんどの意味を受け止めています。

 

ママがイライラしていたり不安を感じていたり、不慣れな子育てに緊張していることも赤ちゃんには全て伝わっています。

 

 

子育ての疲労で夫婦仲がギスギスしていることも、

例えばスマホに夢中になって赤ちゃんに意識が向いていない瞬間も、全てわかっているんです。

 

その全てが赤ちゃんを不安にさせ、お腹も減っていない眠くもないのにずっとぐずぐず言ってしまう原因になるかもしれません。

そして赤ちゃんが泣き止まなくてまた、ママはイライラします。

 

この悪循環を断ち切るには上手にストレスを発散させるしかありません。

 

大人以上の察知能力を持つ赤ちゃんをごまかすことは不可能。変に取り繕ってもバレてしまいます。

 

 

ママがもう少し軽い気持ちで緊張しすぎず、極力ストレスを溜めない生活をしていれば赤ちゃんも不必要に泣き出すことは少なくなるはずです。

 

そうすればママがイライラすることも減るので、相乗効果ですよね。

 

まとめ

いかがでしたか?

赤ちゃんが生まれたばかりではママ友も少なく、相談したり比較したりする相手がいなく気持ちが塞いでしまうこともあります。

 

そんな時は、旦那さんでも両親でも、どんどん頼ってくださいね!

 

ママが軽い気持ちで無理なく子育てをしていれば、感情コピーの達人さんも変にぐずったりはしないものです。

子育てでヒステリーを起こさないコツ

育児カテゴリの最新記事