嬉しい出産応援制度!育休手当はいつからもらえるの?

嬉しい出産応援制度!育休手当はいつからもらえるの?

妊娠は嬉しいことですが、働くママにとっては大事な人生のターニングポイントでもあります。

退職するのか、育休を取るのか、大切な選択をしなければいけません。

 

今回は仕事を辞めず育休を取る場合にもらえる、育児休業給付金についてご紹介します。

育児給付金がもらえる条件とは?

仕事をしている夫婦は、子育ての為に育児休暇をとることができます。

その期間、会社からお給料は発生しませんが、「育児休業給付金」を受けることができます。

 

まずはこの制度を利用する為に以下の条件が必要です。

・育休開始日より2年以内に12ヶ月以上雇用保険に加入している
・育休中の月給が仕事をしていた時の8割以下の場合
・1ヵ月の労働日数が10日以下
・育児休業後、退職予定がないこと

 

育児給付金がもらえる期間は延長できる!

赤ちゃん

通常もらえる期間は1年間ですが、特別な事情がある場合は最大1年6ヶ月まで延長することができます!

会社に復帰するためには、子供を保育園に預けなければなりませんが保育園が決まらない場合に延長することができます。

 

友人も自宅近くの保育園に申し込みをしましたが抽選に落ちてしまった為、延長をしていました。

対象は「認可保育園」ですので気を付けましょう!

 

「パパママ育休プラス」でパパの分も給付金がでる

更にママだけでなく、パパも育児給付金がもらえる

「パパママ育休プラス制度」という制度もあり、男性でも育休を取れば給付金を受給することができるんです。

 

こちらの条件は

・子供が1歳になるまでに育児休暇を取得すること
・育児休業開始予定日が1歳の誕生日前
・パパとママの育休開始日は同じにできない

 

パパママ育休プラスを使えば最大1年2カ月もとることができます!

まだまだこちらの制度を利用するパパは少ないですが

パパも育児をする時代に今後利用する方が増えて欲しいですね。

 

育児給付金の手続き方法

赤ちゃん

つぎに手続きですが、基本的に勤務先で書類の準備と提出は行います。

もし自分で手続きを行う場合はハローワークに行きます。

その際、マイナンバーが必要になりますので準備しておきましょう。

 

給付金の注意点

・給付金は育児休業を開始して2~3カ月頃から支給が開始
・もらえる金額にも上限があり
・育休開始から180日は67%、それ以降は50%の支給
・1度手続きをしても2ヶ月に一度支給手続きが必要

 

給付金は支給されるまでにタイムラグがあるので、安心して生活する為に、支給される前の2カ月分の生活費は前もって準備しておきましょう。

 

まとめ

仕事ももちろん今後の生活の為に必要なものですが、

赤ちゃんと過ごせる時間は本当に一瞬です。

子供はあっという間に成長します。

今しかない時間を、ぜひこの制度を利用して家族の絆を深めてほしいです!

 乳児が眠るための8つのチェックリスト

育児カテゴリの最新記事