問題は◯◯にあった!片付けられない人の3つの特徴と改善策

問題は◯◯にあった!片付けられない人の3つの特徴と改善策

学生

あなたの部屋は、綺麗に片付いていますか?

思い出してください。

 

出しっ放しの衣類
乱雑に積まれた雑誌
収納に入りきらない小物
ゴミ箱に入らなかった紙くず

 

どれか一つくらいは思い当たるのではないでしょうか?

片付いていない部屋は、そのままあなたの心を映しているのです。

心に余裕が無いから片付けられない。

 

さらに片付けられないから心に余裕が生まれないので、このままでは悪循環に陥ってしまいます。

 

どうせ私には片付けられないから…と言い訳せずに、ちょっとした考え方の一手間で自分を変えてみませんか?

 

「片付けられない人」の3つの特徴

片付けられない人には3つのタイプがあります。

まずは自分のタイプを理解して何を改善しなければいけないかを考えてみましょう。

 

1,物を捨てられない人

基本的には「もったいない」「まだ使うかもしれない」と思っている人が物を捨てられません。

家族に「そんなものとっといてもしょうがないんだから、捨てな!」と言われるけど、分かっていても捨てられないのがこのタイプ!

 

使うかもわからない物が大量にあったら、片付くものも片付きませんよね?

 

物を捨てる方法はコレだ!

このタイプは「もったいない精神」が片付けの邪魔をしているので、片付けの基準の作りましょう!

例えば「1年間使っていなかったものを捨てる」という基準を作るのがおすすめです。

春夏秋冬を通して使わなかったものには、もう出番は無いですからね。

 

物を捨てる基準はあなたが判断することではなく、基準に満たしているかどうかです。けして「もったいない精神」を出してはいけません。

 

2,物事を先延ばしにしてしまう人

「今は忙しいから今度にしよう」「次の休みにまとめてやろう」とずるずる先延ばしにしてしまう人も片付きません。

いざ片付けようと思い立った時には、どこから手をつけて良いのかもわからない状態になっています。

 

このような人は「片付けは手間がかかって大変なもの」「掃除は時間がかかって大変なもの」と片付けや掃除自体にアレルギーがあります。

 

後に回して大量にたまったゴミや散らかったものを見て、さらに「片付けって大変なんだなぁ」と思ってしまいます。

 

すぐ片付けられる方法はコレだ!

なんでも先延ばしにしてしまう人は片付けや掃除を簡略にするシステムづくりが必要です。

 

例えば、全てのものに決まったしまい場所を作ります。

「アイスは冷凍庫にしまう」と言うように確実にその場所にしまわなければいけないつもりで、物をしまいましょう。

「服はタンス」
「洗濯物はこのカゴ」
「アイロンはこの棚」
と、しまうところを作ります。

けして「とりあえず床に置く」をしてはいけません。

 

【注意】決め過ぎると挫折する

ポイントは細かく決めすぎないこと。

「白いTシャツはタンスの2段目の右」などと決めすぎると逆にめんどくささが倍増します。ココまでできるのは、生まれつきのしっかり者だけです。

まずは、床にさえ置かなければ良しとしましょう。

 

3,収納スペースを空けておく頭が無い人

片付け=ぴったりと隙間なく物を収納すること、と思ってる人は片付けができません。

収納場所には常に余裕があるべきなんです!

 

人間は普通に生活しているだけで物を増やしたり、減らしたりします。常に定数通りではありませんよね?

オーバーフローさせないためにはいつも余裕がなければいけないんです。

 

クローゼットにはびっちり服がかかっている。
引き出しの中はぎゅうぎゅう詰め。

そんな状態では危険です。

 

あらかじめ収納スペースを空けておかないと、新しく買った物を収納することができず、すぐに片付いていない部屋に逆戻りになってしまいますよ!

 

考え方一つで驚くほど片付けられる!

実は片付けられない人は根本的な考え方1つで改善できます。

ズバリ、「必要なものを考える」ことです!

 

これは本当に必要な物なのか?

これが無いとどう困ってしまうのか?

まずそれを考えるようにするだけで、無駄な物が少しずつ部屋から消えていってくれます!

 

究極に突き詰めれば、本当に必要な物は自分の命や家族ですからね。そう考えれば、謎のポイントカードなんて、一瞬で捨てられますよ!

 

「こんなにたくさんの物をどうやって収納しよう?」と考えるより、よほど効率的ですよね?

 

まとめ

ミニマリスト

いかがでしたか?

はじめに心に余裕の無い人が部屋を片付けられないと書きましたが、そもそも汚い部屋にいたらそれだけでストレスが溜まってしまいます。

 

ストレスを感じていないようでも、それが当たり前になっていて気づいていないだけです。

 

リラックスできるはずの自分の部屋がストレスになっていたら、心に余裕が無くて当たり前です。

悪循環から抜け出すなら、今がチャンスです。

きちんと片付いた綺麗な部屋で、心に余裕のある暮らしをしましょう!

ミニマリストの女性の持ち物

整理整頓カテゴリの最新記事