片付け方がわからない人専用!5段階の整理整頓マニュアル

片付け方がわからない人専用!5段階の整理整頓マニュアル

さぁ一気に片付けをするぞ!と意気込んでみても、

さて一体どこから片付けをすればいいんだろう?

何をすればいいんだろう?

 

そう悩んでしまって、結局曖昧に適当な掃除をして終わってしまった経験はありませんか?

今回はそんな「片付け方がわからない人」のために、片付け方をご紹介します。

1段階 片付けを知る

ただ「片付ける」と言っても、考え方は人によって違います。

ただ捨てるだけ捨てればいい。
とにかくしまえばいい。

確かにどちらも片付けですが、どちらも適当にやれば良いと言いうわけではありません。

細かく言えば、全てを的確にやることが「片付ける」ことです。

 

片付け方が分からない人は漠然と片付けを捉えがち。

片付けはいらないものを捨てるパートいるものをしまうパートの2つなんです。

 

2段階 捨てる基準を決める

上手く片付けられない人のほとんどが物を捨てられない人です。

片付けの基本は、まず捨てること。

いらないものを収納しても意味が無いですからね。

 

でもいきなり物を捨てるのは難しく感じるはず。

 

いざ物を目の前にすると

「あ〜コレ懐かし!」

「コレは捨てるのもったいない!」

となっていつまでたっても物が捨てられません。

 

まずはまだ目の前に物がない状態で捨てる基準を決めましょう。

 

基本的に、「いつか使うかもしれない物」は2年をめどに捨ててください。「いつか」が具体的に想像出来ていない物2年も使っていない物は、今後も使う機会はありません。

 

洋服や化粧品、調理器具、スーパーの袋や無料の試供品などはだいたい、コレを基準に捨てられるはずです。

 

3段階 いらないものを捨てる

捨てる基準を決めたら、つぎは早速捨てる作業に入ります。

ココで「もったいない」「懐かしい」と思ってしまうと捨てられなくなります。

 

あなたの今まで通りの考え方では物は大して減りません。過去のあなたが必要だと思った物が今の部屋にあるんですから。

 

他人の物を捨てる気持ちでガンガン物を捨てましょう。

 

不用品を売ろうと思わない

片付け始めると、「もったいないから売る」という選択をひらめいてしまうことがあります。

 

売るという作業は、買い手を見つけたり、お金のやり取りをしたり、発送したりとめんどくさい行為のオンパレードです。

そんなことをやっていてはいつまでたっても片付けができません。

 

目的は、片付けることなので容赦なく物を捨てましょう。

 

4段階 いるものの使用頻度を考える

学生

いらないものを捨てたので、だいぶスッキリしたはず。

つぎは残った必要な物を収納していきますが何でもかんでも収納にしまいこんでしまうのはNGです。

 

使用頻度を考えてしまう場所の計画を立てます。

 

よく使うものも奥にしまってしまうと、結局は日常の片付けが面倒になり出しっぱなしにしてしまいます。

そして一つ出しっぱなしになっていることを許してしまうと、二つ三つと出ている物が増えてしまうんです。

 

そのためよく使うものは、ワンアクションで取れるところに置くようにするのが鉄則。

 

そして滅多に使わない、クリスマスツリーやキャンプ用品などは収納の奥にしまっていきます。

 

ココでは作業しながらしまう場所を考えてはいけません。

あとで、しまう順番が狂わないように全体を見渡し慎重に使用頻度と片付け場所だけを考えます。

 

そうやって使用頻度を決めるだけで、片付いてる姿がなんとなく見えてきますよね。

 

キレイに収納するための3つのコツ

 

5段階 しまう

ようやく物をしまっていきます。

しまうポイントは「どうしたらラクに続けられるか」です。

 

大掃除のときなどに、普段の自分からは想像もできないほど丁寧に収納する人がいますが、それでは長くは続きません。

その日だけ、どれだけ綺麗に片付けても、続かなければ意味がありません。

 

コンパクトさに欠けたとしても洋服はたたみすぎずに、よく着るものはハンガーにかけるだけにしましょう。

「魅せる収納」にしてすぐに手に取れる位置に置いたり毎日続けられるような収納をしなければいけません。

 

色々な方法を試してみて、自分が1番ラクな方法を探してみてください。

 

最後に

ミニマリスト

いかがでしたか?

片付けの基本は捨てる!収納する!の二つだけです。

そう考えれば、すごく簡単ですよね?

 

この機会に自分に合った片付け方を見つけて、是非片付け上手さんになってください!

 

整理整頓カテゴリの最新記事