子犬の甘噛みがひどい!一体なんのために甘噛みをするの?

子犬の甘噛みがひどい!一体なんのために甘噛みをするの?

子犬を飼い始めて最初に悩むのが甘噛み。

多少の甘噛みなら子犬のうちは仕方ないのですが、あまりにもひどい時にはなにかしらの対処が必要となります。

 

そもそも子犬は一体なんのために甘噛みをするのでしょうか?

実はそこには子犬の本能が関係しているのです!

そして、甘噛みがひどい子犬への効果的な対処法もこの記事でご紹介します。

 

子犬が噛み癖をする3つの理由とは?

かゆみ

子犬の甘噛みの理由は、歯の生え変わりによる強い痒みからくると言われています。

人間の赤ちゃんでも歯が生える時はかゆいので、何かをかじりますよね?

 

犬も一緒で口の中のむずがゆさを解消するために何かを噛みたくなるんです。

 

好奇心

甘噛をする理由は好奇心からくるものも多いです。

子犬は初めて見るものに対して好奇心を抱きます。

そして、それを噛むことでどんなものか確認するのです。

 

人間の場合は手で触って確かめることが多いですが、犬は鼻と口で確かめるのが自然な行動です。

子犬からしたら、特に噛みつくというよりは、触っているくらいの間隔かも知れません。

 

ただ噛む強さが強すぎるとケガ等につながるので、しつけをしなければいけません。

 

力加減ができない

まだ子犬は力加減を知りません。

子犬でも言葉は通じます。

痛い時ははっきり痛い事を伝えて、噛んではいけない強さを覚えさせましょう。

 

遊んでいる時に興奮してカプッと噛む程度なら遊びの延長と言えますが、放っておくと噛み癖に繋がるのできちんとしつけを行なっていく必要があります。

 

 

噛む用のおもちゃを与えて対策をする

子犬は悪気があって噛むわけではありません。

そのため噛む行為を全部禁止していては可愛そうです。

 

歯の痒みや好奇心からくる甘噛み対策としては、子犬の興味を惹くようなおもちゃを与えることが最も効果的と言えます。

ペットショップなどに売っている噛む専用のおもちゃを与えることをおすすめします。

 

子犬の甘噛対策に使えるおもちゃ

 

大型犬の甘噛み対策

犬

甘噛みと言えば子犬が力無くカプッと噛む程度を想像しますが、犬種によってはその程度では済まない場合もあります。

 

子犬といえでも大型犬では手や腕に傷がついたり、服に穴があくほど噛む子犬もいます。

そうなってくると飼い主さんも困ってしまいますよね。

 

 

そんな酷い甘噛みを防ぐには、手を使った遊びをしないことをおすすめします。

犬は元々狩りを行なう動物なので、本能的に素早く動くものを見ると噛み付きたくなります。

そんな犬の本能を刺激するような遊び方は控えるようにしましょう。

 

頭や口の周りを激しく触るなどの行為も甘噛みに繋がるので、スキンシップで頭を撫でたりする際には優しくゆっくり触るようにしましょう。

 

まとめ

子犬の甘噛みがひどいことでお困りの方、改善するためにまずは甘噛みをする理由を知ることが大事。

本能的に甘噛みをしている場合もあるので、本能を刺激するような遊びを控えるだけで甘噛み解消に繋がります。

 

知らず知らずのうちに子犬の甘噛みを誘発するようなスキンシップを取ってはいませんか?

将来噛み癖がついてしまうことを避けるためにも、子犬とのスキンシップの取り方には充分注意することをおすすめします。

 

子犬の甘噛みをやめさせる!しつけの基本をこの1記事でマルっと解決

 

ペットカテゴリの最新記事