ダイエットの効果が出やすいのはいつ?理想的な運動のタイミング!

ダイエットの効果が出やすいのはいつ?理想的な運動のタイミング!

ストレッチ

ダイエットのために運動をしようとするとき「効率のいい時間帯ってあるのかな?」と考えたことはありませんか?

どうせなら効率の良いタイミングで運動したいですよね?

 

実は運動には絶対にした方がいいタイミングがあるのでご紹介します。

 

脂肪が燃えやすいタイミング

脂肪が燃えやすい燃えやすいのは、朝食の前です。

朝食前は胃の中の夕食も消化済みで空っぽです。そのため活動のエネルギーとしている体内の「糖質」が足りない状態になっています。

 

その糖質が足りない状態では普通体を動かせないのですが、そんな時は身体に元々ついている「脂肪」をエネルギーに代えて活動するようになるんです。

そのため少食前のタイミングが一番脂肪を燃焼箚せやすいんですね。

 

朝食前には有酸素運動がおすすめ!

朝食前の運動は有酸素運動をしてみましょう。

有酸素運動は脂肪を燃やす働きが強いので、ご飯前にウォーキングなどをするのがおすすめです。

 

筋肉が付きやすいタイミング

ダイエットは脂肪を落とすだけではいけません。

筋肉を鍛えて基礎代謝をあげなければ、またすぐに太ってしまいます。

 

脂肪とは違い、筋肉が付きやすいタイミングは食後です。

食後はご飯やパンなどの炭水化物を取ることで身体の血糖値が急上昇します。

なにもしなければ、炭水化物は糖質から脂肪と変化するだけなのですが、ここで筋トレをすることで糖質を筋肉を動かすエネルギーに変換することが出来るのです!

 

ご飯の前に筋トレをしても、ヘロヘロになって集中できず、十分筋肉を刺激することができません。

しかしご飯を食べた後なら活発に筋肉を動かしても大丈夫!筋肉を鍛えてリバウンドしない体を作りましょう

 

しかし、食べてすぐに運動するのは胃もたれ、胸焼けの原因になるので最低30分はあけましょう。

 

有酸素運動をすると筋肉が減ってしまう

食前に有酸素運動をすると良いことは上で紹介しましたが、有酸素運動をすると筋肉が分解され、減ってしまうという驚きの事実があるのです!

 

筋肉の分解とは筋肉の中のタンパク質を糖質へと分解されてしまうことです。

 

運動をすると 筋肉は「破壊」「修復」「回復」を繰り返します。

その運動が無酸素運動などのキツくて激しい運動の場合は回復するときにより壊れにくい筋肉へと増強されます。

この時に筋肉がつくのですが、20分以上継続できる有酸素運動は筋肉への負担が少ないため「修復」の段階で治ってしまい「回復」による増強が行われません。

そのため筋肉が増えることが無くなってしまうんです

 

つまり元々ついている筋肉がエネルギー源へと変換されて増えることは無いのでどんどん少なくなってしまいます。

 

有酸素運動しても筋肉は減らさない方法は?

有酸素運動で脂肪さえ燃えれば筋肉なんて要らないんじゃないの?と思うかもしれませんが、筋肉があるとダイエットの効果が上がります。

筋肉があることで「基礎代謝量」が上昇し脂肪の燃焼も促進されるからです!

 

では、どうすれば良いのか?というと有酸素運動と筋トレをセットですることです。

 

例えば、ウォーキング(有酸素運動)と腹筋(無酸素運動)や

踏み台昇降(有酸素運動)と腕立て伏せ(無酸素運動)などを組み合わせれば良いんです。

筋肉量を維持することで基礎代謝量の低下を防ぎ、有酸素運動の脂肪燃焼効果を十分に発揮させることがさせることができます。

 

まとめ

ダイエットを効率良くするなら朝食前に歩いて、朝食後に筋トレをするのが効果的です。

基礎代謝量を底上げし、脂肪が燃えやすくなるのでダイエット中の方はより効果を出す事ができます。

是非今の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか!

 

ダイエットのための筋トレでプロテインを飲んでも意味がない

 

健康カテゴリの最新記事