知らないと損!?単身赴任手当は課税対象になるの?

知らないと損!?単身赴任手当は課税対象になるの?

単身赴任をすると単身赴任手当やその他の特別手当をもらうことが出来ます。

今回は単身赴任に関わる手当のどれが課税対象になるのかをご紹介します。

 

単身赴任にともなう手当は課税対象になるの?

単身赴任をすると様々な手当がつきますが、ほとんどの手当は課税されます。

課税される手当

単身赴任手当

単身赴任をすることになるとそれだけで、毎月単身赴任手当が上乗せされます。

 

家族手当

残された家族の住居費等になるための手当が付くこともありますが、コレも課税対象です。

 

住居手当

単身赴任先で住む家賃を充当するための手当です。

会社が直接アパートなどを借りているときは課税されないときがあります。

 

帰省手当

帰省手当は単身赴任先から帰省する時にもらえる手当です。

仕事をする上で必要な費用であれば課税されないことがあります。

また税負担を減らしたいときは家に帰らないで、奥さんに家にきてもらうという方法もあります。

帰省手当の支給を減らしたいときは会社に申請を取り消しましょう。

 

課税されない手当

毎月の給料に上乗せされない手当は課税の対象ではありません。

赴任手当

単身赴任をする時にでる、特別金です。

毎月もらえるわけではなく、赴任する時に1回だけもらえるお金の事です。

 

引っ越し手当

引越しにかかる費用の充当を目的とした手当です。

 

単身赴任課税はいくら!?

所得税は平均的な収入で20%~23%が税金になります。

手当を10万もらっても2万円は税金として支払うことになるので注意が必要です。

 

単身赴任手当の注意点

金

単身赴任をする場所が遠く、定期的に自宅に帰る費用が高くなると、いくら手当をもらっていてもマイナスになってしまうことがあります。

また手当てが支給されても、その分税金が増えるので、二重生活をするのが難しくなることもあるので注意して下さい。

 

単身赴任をするときは、

どんな手当があるのか?
赴任先の家は会社がかりてくれるのか?
自宅まではどのくらいの距離なのか?

などを調べたり会社に確認したりする必要があります。

単身赴任をすることによって生活が大変なことになりそうなときは単身赴任を断るようにしましょう。

 

まとめ

単身赴任手当は給料として支給されるのでもらえる額が多いと、その分ひかれる税金も多いくなります・単身赴任をするかしないか家族と相談するようにしましょう。

 

単身赴任中の夫に注意!浮気率を下げる方法とは?

 

仕事カテゴリの最新記事