飼ってみて分かった!ロングコートチワワを飼う時の2つの注意点

飼ってみて分かった!ロングコートチワワを飼う時の2つの注意点

ロングコートチワワ

ロングコートチワワを飼うことをお考えの方。

大きな瞳にサラサラの毛、小さな体でしっぽを振るその姿は本当に愛らしく、見ているだけで幸せな気持ちにさせてくれますよね。

 

我が家のもうすぐ3歳になるロングコートチワワは、やんちゃで甘えん坊な女の子。

毎日私を癒してくれる大切な家族ですが、飼ってみなきゃ知ることが出来なかった苦労があることも事実です。

ロングコートチワワを飼う前に知っておくべき注意点を、体験談を元にご紹介します!

 

コロコロ必須!大量の抜け毛!

犬

ロングコートチワワは他の犬種に比べて、抜け毛の量が多いです。

我が家のロングコートチワワは白に近いクリーム色なので、黒い服やズボンを着たまま家の中でくつろいだり、犬を抱っこしたりすると、全身毛だらけになってしまいます。

毎日掃除をしても、気がつくと絨毯やソファーにも大量の毛が!

 

特に毛の生え変わりの時期である春と秋は大変

対策として我が家では毎年春と秋になると、トリミングの際に毛を短くカットしてもらっています。

 

毛が長く上品に見えるところも気に入ってロングコートチワワを飼ったのですが、あまりの抜け毛の量に驚き最早そんなことは言ってられなくなりました!

春と夏に坊主になる我が家の犬を見て、毛の長さが気にならないほど飼い始めるとうちの子が一番可愛いと思ってしまうことにも気付かされました。

 

肉球が弱い

犬

室内犬であるロングコートチワワは、肉球が丈夫ではありません。

夏の炎天下の下お散歩をしたりすると、肉球が火傷してしまう危険性もあります。

我が家のロングコートチワワは、夏のお散歩は日が沈んでから出発するのがお決まり。

 

逆に冬場のお散歩の際は、雪の上を歩くと霜焼けになってしまいます。

そんな時の対策として、我が家では犬用の靴を使用しています。

慣れるまでは歩き辛いようで、歩き方がロボットみたいになっている様子が可笑しくて、あまりの愛おしさに抱っこしたままお散歩をしたりもしましたが、慣れるとちゃんと歩けるようになるので諦めずトライしましょう!

 

まとめ

見ているとただただ可愛いロングコートチワワですが、飼ってみると抜け毛などの問題があるのも事実です。

可愛さに惹かれて即決する前に、ちゃんとした環境で育てられるかをしっかり考え、家にチワワがいる生活をイメージしてみましょう。

 

ちなみに個人的な意見ではありますが、私はロングコートチワワを飼ったことを後悔したことは一度もありません!

小さくて愛らしいやんちゃな彼女は、今では大事な家族の一員です!

 

子犬の狂犬病ワクチンはいつから打てる?

 

ペットカテゴリの最新記事