子犬が下痢をしちゃった?!考えられる原因とは?

子犬が下痢をしちゃった?!考えられる原因とは?

犬

いつも元気な子犬が突然下痢をしたら飼い主さんはとても心配になりますよね。

急な体調不良の原因がわからなければ、どう対処するべきかもわからずあたふたしてしまうのではないでしょうか。

 

そんな方のために、子犬の突然の下痢の際に考えられる原因と対処法をご紹介します!

体の不調や不安やストレスが深く関係する子犬の体調不良の見分け方がわかれば正しい対処が出来るでしょう。

子犬の下痢の原因は?

犬

ストレスが原因

季節の変わり目や、急な環境の変化など、ストレスがかかったときに人間と同じ様に一時的におなかの不調が起こります。

 

ストレスと下痢に関連があるのは、脳と腸が自律神経でつながっていて、ストレスの影響を受け腸の動きが速くなりすぎると下痢が起こります。

ストレス以外の原因として考えられるのが食事による下痢です。

 

食べたものが原因

食事が原因の下痢の場合、考えられるきっかけがこちら。

・消化しにくい物を与えた(イカ、タコ、とうもろこし等)
・ドックフードを変えた
・エサやおやつを与え過ぎた

心当たりがある場合は少し様子をみて、下痢が治まるのを待ちましょう。

長引くようであればかかりつけの獣医に診てもらいましょう。

 

子犬の下痢による病気の可能性は?

ストレスや食事以外で以下の可能性が考えられます。

寄生虫

成犬で症状が出る事は少ないですが、子犬や高齢犬の場合は、下痢や貧血、体重減少など重症化する事があります。

 

感染症

犬のかかる感染症はさまざま存在し、細菌やウイルスなどが原因です。

予防注射をしていても油断はできません。

 

消化器疾患

ほとんどの場合で下痢が症状として現れます。

消化器疾患の場合、下痢以外にも嘔吐や発熱、食欲不振、体重減少などの症状があるケースが殆どです。

 

ホルモン異常の病気

内分泌疾患として多く見られる症状として下痢が含まれます。

他の症状として、なんとなく元気がない、いつもより多く水を飲む、おしっこの回数が多い等、少し変だなと思う程度の症状が殆どです。

 

腫瘍

下痢の他に、肛門周囲や大腸に腫瘍がある場合、便に鮮血が付着する場合もあります。

また、血便は赤い血液が混ざっている場合だけでなく、黒いタールの様な便の場合も注意が必要です。

胃や小腸などで出血している場合、黒いドロドロとした便が見られます。

 

下痢をした時の対処法

犬

すぐに病院に連れて行くのが一番ですが、下痢が出て速攻病院に行くのは現実的に難しい事が多いですよね?

病院に行くまでの間にやるべき対処法をご紹介します。

 

絶食

丸1日、ご飯やおやつ等、食べ物をあげず、水だけをあげましょう。

目的としては、胃や腸を休めることにあります。

 

下痢をする1番の原因は胃や腸の動きが弱くなっている状態ですので、1日ご飯をあげず、様子を見て腸を休ませてあげることで元に戻ることが多いです。

様子をみて、次の日治まっているようであれば、いつもの1/3程度のご飯を与えて様子を見ましょう。

問題なければ、徐々にもとの量に戻してみましょう。

 

整腸剤を与える

整腸剤で腸内環境を整えることで、下痢が治る場合があります。

ただし、体重等によって与える量が違いますので、きちんと獣医さんに相談して与えましょう。

 

まとめ

子犬は普段から下痢をすることも多く、それほど心配する事はないかもしれません。

勝手に治ることがほとんどですが、急性の下痢の場合には脱水症状になるなど、危険な場合もあります。

いつもと様子が変だなと感じたら、獣医さんへ相談しましょう。

ペットカテゴリの最新記事