子犬が下痢の時のオススメの食事とは?

子犬が下痢の時のオススメの食事とは?

子犬が下痢をしてしまった時の食事に悩んでしまう飼い主の方。

また下痢をしてしまうといけないので、食事には充分に気をつけたいところですが、実際どのような食事を与えるべきかわからず困っている方。

そんな方のために、子犬が下痢をしてしまった際の食事法をご紹介します!

下痢の時にあげたい物

犬

ふやかしたドッグフード

下痢をしてしまった子犬にあげる一番簡単な方法はいつも食べているドッグフードをふやかしてあげる事です。

栄養バランスも犬用に整えられていますし、いつもと同じ物なら警戒しないで食べてもらいやすいです。

 

つぶれるくらいまでふやかした状態から始めて、徐々に固くしていき、いつもの食事に戻していきます。

 

手作り食

手作り食の材料としては、消化酵素が含まれている大根カブ、粘膜保護の成分が含まれるオクラモロヘイヤ等が下痢の時にはよいとされています。

アレルギー反応を起こす物もありますので、少量づつ様子を見ながら注意してあげましょう。

 

手作り食は実は栄養のバランスがとりにくく普通食として食べることはあまりお勧めしません。

しかし腸の状態を整えるために短期間であれば良いでしょう。

 

そもそも食事はあげるべき?

犬

絶食が良いという意見が多くありますが、少しでも食べたほうがよいという意見もあります。

食欲が無いのに無理に食べさせることはありませんが、食欲がある場合は量を減らして与え、様子をみましょう。

何かを食べたほうがよいと強制的に食べさせると逆効果なのでやめましょう。

 

水の与え方

人間と同じでお腹を冷やすのもよくありません。水は冷たすぎない物をあげるようにしてください。

脱水症状を避けるために水分はこまめにとらせてあげましょう。

 

水も飲まない場合は動物病院で皮下点滴を受けたほうが回復が早くなります。

 

吐いたら絶食させる

下痢と共に嘔吐が見られる場合は絶食してください。

嘔吐は脳にある嘔吐中枢が刺激されて起こります。

下痢を伴う嘔吐は腸が動くと嘔吐が起こる状況になっている為、食事を与えてもすぐに吐いてしまいます。

 

嘔吐も下痢も起こっている状況だと脱水が激しくなりますので水分補給は大切ですが、少しずつ水を飲ませても吐くのであれば絶水してください。

動物病院で皮下点滴を行い脱水を防ぐ処置をして、口を湿らす程度の量の水をあげるようにしましょう。

 

まとめ

子犬の下痢と言っても、状況によって対処法は異なります。

正しい対処法を知ることで、突然の体調不良に備えておくことが大事です。

可愛い子犬を守るためにも、下痢をしてしまった際に取るべき行動を事前に知っておきましょう。

ペットカテゴリの最新記事