子犬が下痢をしてしまった際の正しい対処法とは?

子犬が下痢をしてしまった際の正しい対処法とは?

犬

子犬はまだ体が弱いので、些細なことがきっかけで下痢をしてしまいます。

下痢にも様々な種類があり、対して心配するほどでもない下痢から深刻な病気の兆候の下痢まであります。

そこで、この記事では子犬の突然の下痢の際の正しい対処法をご紹介します。

子犬が下痢をした時に疑われる病気とその特徴は?

犬

感染症

注意すべき点はウイルスや細菌による感染かどうかです。

嘔吐や発熱、など下痢以外の症状が出ている時は食中毒等になっているか、何かが感染している可能性があります。

すぐに病院に連れていきましょう。

 

また、下痢以外の症状が無くても、激しい下痢が続き脱水症状を引き起こしている場合は時に命に関わる可能性もあるので、すぐさまかかりつけの獣医に診てもらいましょう。

特に子犬は小さいので、体内に保有できる水分が多くはありません。

 

下痢以外の症状がなく、食欲もあり元気な場合は一過性の下痢の可能性が高いので、数日で治ることがほとんどです。

 

ストレス

子犬はちょっとした環境の変化でストレスを感じると、下痢をしてしまうことは珍しいことではありません。

ストレスで下痢をしてしまうようなきっかけが明確な場合は様子をみてもいいと言えますが、なかなか治らず長引くようなら獣医に診てもらいましょう。

 

食べるものが変わった、天気が変わった、怖い思いをしたなど、何か心当たりがある場合は少し様子をみてから病院に行ったほうが良いかも知れません。

 

子犬が下痢をしてしまった時の正しい対処法とは?

ロングコートチワワ

子犬が下痢をしてしまった時の対処法は、考えられる原因によって異なります。

ストレスの下痢

ストレスが原因と考えられる場合は、ストレスの原因である環境の変化などを改善してあげましょう。

冷えが原因の場合は、クーラーが効いた部屋にクッションや毛布を置き、直に床に寝そべったりすることを阻止しましょう。

 

過食が原因の場合は、餌を少し減らし、おやつの与えすぎには充分注意しましょう。

 

病気の場合

嘔吐や発熱があり、ぐったりしている場合は感染症の可能性があるので、自宅で様子をみることはせずにすぐさまかかりつけの獣医に診てもらいましょう。

たとえ元気があっても、下痢が続くということはなんらかの病気が原因の場合も充分考えられますので、油断はせずに気にかけてあげる必要があります。

 

様子をみても良くならない場合は勝手な判断は禁物です。

早めに獣医に診てもらうことをおすすめします。

 

まとめ

可愛い子犬の体調不良は、飼い主さんにとって本当に心配なことですよね。

早く元気になってほしいと思う気持ちは誰もが感じたことがあるのではないでしょうか。

 

少しでも早く元気になってもらうためにも、子犬が下痢をした時の正しい対処法を知り、しっかりサポートしてあげることが飼い主さんにとって最も大事と言えるでしょう。

ペットカテゴリの最新記事