直前に発覚!妊娠超初期で夜行バスは大丈夫? 

直前に発覚!妊娠超初期で夜行バスは大丈夫? 

夜行バス

里帰りや旅行などで、コストパフォーマンスの良い夜行バスを何ヶ月も前から予約をしている人は多いと思います。

そんな旅立ちの直前に、妊娠が発覚してしまった場合、あなたならどうしますか?

妊娠自体はとても喜ばしいことなのですが、タイミング次第ではたくさんの不安が生まれてしまいますよね。

妊娠超初期の体で夜行バスに乗るのはどうなのでしょうか。

基本的には絶対安静

妊娠超初期とは、人によっても捉え方は違いますが、主に妊娠0~4週のことを指します。

検査薬では3~4週からしか陽性反応が出ないことも多いので、確実に妊娠しているとわかっている妊娠超初期は妊娠3~4週のことなんですね。

 

妊娠超初期~妊娠初期はまだ胎盤がしっかりとしておらず、胎児が羊水の中でぷかぷかと浮いているだけの状態となり、車に長時間揺られる振動や、飛行機などの気圧の変化も良くないと言われています。

さらに、妊娠超初期症状として、微熱による寒気や倦怠感、頭痛など風邪のような症状があります。

風邪とは違い薬で症状を抑えられないので、辛かったという妊婦さんもたくさんいます。

 

狭い車内で一晩中揺られ続ける夜行バスは、胎児にはもちろん、体調の優れない妊婦さんにも大きなストレスとなってしまいます。

夜行バス=100%悪影響、というわけではありませんが、万が一何かがあった時に後悔をしない選択をした方が良いでしょう。

 

他の手段ではダメなのか考える

夜

繊細な時期ですので安静にしているのが1番ですが、どうしても遠出しないといけないタイミングもありますよね。

そんな時は、金銭的には厳しいかもしれませんが赤ちゃんのために夜行バス以外の移動方法を考えてみてください。

新幹線が一番負担が無い

1番良いのは新幹線です。

移動が短時間で済みますし、ほとんど場合はそれなりにシートを倒しても問題ありません。

冷え対策にブランケット、腰痛対策に腰ピローなどを持っていくと体への負担も少なくて済みます。

 

自家用車なら融通が効く

新幹線の駅が近所に無かったりして、どうしても難しい時は、自家用車で移動をしてください。

もちろん、負担となるので妊婦さんご本人はできるだけ運転を避けてくださいね。

 

自家用車なら大きくシートを倒せます。

1時間ごとにしっかりと休憩を取るなどして体調と相談しながら移動しましょう。

体調が悪くなれば何時間でも休憩を取り、そもそも出発前から体調が悪ければ出発を諦めるなど、絶対に無理はしないようにしてください。

 

まとめ

お腹が大きくなるなど見た目の変化がまだ無い妊娠超初期は、妊婦さん本人もまだ妊娠について真剣に考えてないことが多いです。

しかし、赤ちゃんにとっては1番繊細で大切な時期なのだと自覚して、できるだけ安静にするようにしてください。

里帰りするはずだった先の親御さんも、一緒に遊ぶはずだった友人も、誠意を持って妊娠したことを伝えれば予定がキャンセルになったくらいでは文句なんて言いません。

きっとたくさんの祝福の言葉を送ってくれるはずですよ。

妊娠カテゴリの最新記事