つわりはいつまで?「二人目は楽」の噂は嘘だった!

つわりはいつまで?「二人目は楽」の噂は嘘だった!

兄弟

二人目だからといってつわりが楽とは限りません!

つわりは人それぞれ。つわりのない人もいます。

家事が出来ないくらいひどく、寝て過ごすという人も多いのではないでしょうか。

思い描いていたマタニティーライフと違う!と感じているあなたに見て頂きたいです。

 

つわりは二人目でも楽になるとは限らない!

海

一人目のつわりが辛かった人こそ、二人目妊娠中のつわりの事を考えてしまいますよね。

「今回は前よりは楽になるかな。」とか思っていませんか?

二人目こそはつわりがないといいな、と願いたいですよね。

 

しかしつわりに法則はありません。

一人目のつわりより重い方もいますし、その逆もあります。つわりは予測できません。

 

実はつわりのメカニズムって解明されてないんですね。だから予測もできないし、効果的な対処方もないんです。

妊娠後期にはいって再びつわりに苦しむ人もいます。

お腹が大きくなって胃も圧迫されるので、食事を食べると苦しくなって気持ち悪いと感じる時期もあります。

 

個人差があるので、いつまで続くと断定はできないですが、多くは妊娠5か月には終わるそうです。

 

【体験談】わたしの二人目つわりは妊娠7カ月までだった!

寝ている赤ちゃん

私はすでに二人子供がいるのですが、二人目の子の時は、妊娠3か月頃からムカムカするような不快感を感じだしました。

 

その一週間後には空腹を感じた時や、洗濯物の匂いを嗅いだ時、しかし夜になると気持ち悪くてたまらなくなりました。

吐きたくても吐けなくて辛い時期でした。

 

その後は段々、日増しに吐き気を催す時間も長くなり、吐いて横になっての繰り返し。

辛くて仕方なく医師に相談すると

『赤ちゃんが元気だから、あとはお母さんがこの時期を乗り切るだけ、がんばろう!』と言われ、「つわりってママになるための試練なんだ」と吹っ切ることができました。

 

つわりで気持ち悪くても妊婦検診のたびに赤ちゃんの元気な姿を見て、安心したのを今でも覚えています。

結局、完全につわりが収まったのは妊娠7か月でした。

 

育児しながつわりを乗り越える3つポイント

子供

二人目つわりは、上の子がいる状態でのつわりってことですよね。

つわり中に育児をしなければいけないので、ホントに大変!

 

私の場合は二人目も吐きつわりで辛かったですが上の子は当時2歳、一人目のときみたいに横になっていられません!

そんな二人目つわりを乗り越えるポイントはこの3つご紹介します。

 

1. 気分転換に散歩をする!

上の子とずっと家の中にいると気が滅入って来てしまいます。

そんな時は、気候が良ければ、お外に散歩に出ると気が紛れるのでおすすめです。

 

つわりの時でも外の爽やかな空気が「気持ち悪い」と感じることは少ないので、家にいるときより良いですよ。

 

2. 炭酸ジュースのように飲みやすいもの、食べやすい食べ物を見つける!

上の子がいると普段の自分が飲んだり食べたりしないものも家にありますよね?

子供が食べるものは低刺激なので、もしかしたらつわり中の食事にいいかも知れませんよ。

 

3. 上の子と会話したり遊んだりすること!

上の子の育児をしながらだと気も紛れるので、積極的に子供と関わりましょう。

というか、子供の面倒を見ていると、つわりどころじゃないです。気持ち悪さも吹っ飛びます。

 

まとめ

結局、 二人目つわりは未知数です。一人目よりつらいかどうかは分かりません。

ただ私の場合は、一緒に乗り越えてくれる長女がいたので、だいぶ気が紛れたましたよ!

あなたも頑張ってくださいね!

 

効果絶大!試してよかったつわり対策グッズ

妊娠カテゴリの最新記事