ダイエットのための筋トレでプロテインを飲んでも全く意味が無かった話

ダイエットのための筋トレでプロテインを飲んでも全く意味が無かった話

筋トレ

筋トレはダイエットでも重要な要素です。基礎代謝をあげて脂肪の燃焼効率を高めてくれます。

 

しかしその際にプロテインは摂取したほうがいいのでしょうか?

筋トレ=プロテインと結びつけてしまう人が多いですが、何の知識もなくプロテインを飲んでしまうと逆に太ってしまうこともあるのです。

 

プロテインだけは絶対にダメ

プロテインは補助食品です。

ダイエットで食事制限をしている場合、筋肉を作るための栄養素が十分に取れていない可能性があります。

そのために、足りない栄養素を補うのがプロテインの役目です。

 

プロテインの主な成分はタンパク質なのですが、食品でたんぱく質が多く含まれるのは豆や肉です。

豆や肉を大量に食べられないけど、それでも筋肉を増強させなければいけない時に、はじめてプロテインが必要になるのです。

 

つまり食事を抜きプロテインだけを取るような行動は、豆や肉だけを食べているのと同じこと。

ダイエットどころか、普通に健康を維持することすらできなくなってしまいますので、プロテインのみの摂取はやめて下さい。

 

プロテインを飲んで筋トレしても効果を感じない

プロテインを飲んで、筋トレすればどんどん筋肉が付いて脂肪が燃えるというわけではありません。

プロテインは低カロリーなたんぱく質というだけですので、プロテインを取って、多少運動したくらいでは、全く「痩せた」「筋肉が付いた」という実感は感じません。

 

私自身3年間プロテインを飲んで運動していましたが、プロテインを飲んでいない時と比べて何も変化は感じませんできた。

プロテインを飲んでも飲まなくても、運動量を増やせば筋肉がつきます。

サボれば脂肪が増えて太るだけです。

 

プロテインを飲むべき人

ランニング

超ストイックな人はプロテインを飲んでも効果を感じる事ができると思います。

毎食、カロリーや脂肪、タンパク質を計算してグラム単位で摂取するプロテイン量を算出している人や、一流アスリート並みにジムでトレーニングを積む場合はプロテインを飲んでも効果を感じることができるかも知れません。

 

しかし自己流で運動したりご飯を調整したりするくらいの人は、栄養バランスを崩すだけなので、プロテインは必要無いでしょう。

 

どうしてもプロテインを飲むなら、ジムなどに通い、運動量、食事量を計算した上で知識のある人に相談して摂取量を決めて下さい。

 

 

まとめ

プロテインを摂取することで、より効率的に筋肉を成長させることができますが、それは運動量や食事を徹底管理した上での結果です。

 

素人が自己流でプロテインを飲んでも効果を感じることはほぼ無いと言えます。

まずはバランスの取れた食事を心がけましょう。

 

ダイエットに効果的な筋トレの頻度

 

健康カテゴリの最新記事