実践者多数!ダイエットに効果絶大な運動なしで痩せる3つ方法

実践者多数!ダイエットに効果絶大な運動なしで痩せる3つ方法

あなたはダイエットにどんなイメージを持っていますか?

「運動しないと痩せれない」

「食事制限が必須」

「とにかく大変でつらい」

こんな風に思っているはずです。

 

しかしこの記事では、これなら続けられそう!と思える簡単そうなダイエットをご紹介します。

 

有名人も実践してる!1日1食ダイエット!

一日1食しか食べない方法です。

そもそもコレはヨガの「生きるためには1食十分」という考えに基づいているのです。

 

現在なんで3食食べるのが当たり前になってきたのか?というと飲食業界が食事の需要を伸ばすために行った結果だと言われています。

 

この食生活を継続している人にはこんな方々がいらっしゃいます。

●俳優の高橋一生さん、体操の内村航平選手、歌手の福山雅治さん、南雲医師、京本政樹さん、Gacktさん、タモリさん、ビートたけしさんetc…

タモリさんは驚くことに「笑っていいとも!」の放送が始まってから1度も病欠したことがないんだそうです。

1日1食生活のお陰かもしれませんね!

 

1日1食ダイエットのやり方

1、毎日同じ時間に食べるようにする

1日1食ダイエットは毎日同じ時間にご飯を食べるようにします。

食事を取る一番オススメの時間は13時から16時の一番体の体温が高くなる時間帯。

この時間に食事をすると効率良くエネルギーを消費することが出来るんです。

 

逆に寝る時はエネルギーを使わないので、遅くても就寝3時間前には食事を済ませましょう!

 

2 水は1日2リットル!

食事は1日1食ですが、水は2Lも飲みます。

もちろんジュースなど糖分の多いものではダイエットになりませんから禁止です。

しかし運動量が多い日など、空腹が辛いときは野菜ジュース、ポタージュなど腹持ちの良いものを飲んでOKです。

水分不足の状態が続くと「尿結石」の原因になるので要注意!

 

3 食事をする前に体重を測る

一日のうちの最低体重が食事の前なので、他の時間帯より変動がなく、真の体重が分かります。

特に1日1食にすると効果が分かりやすいので、おすすめです。

 

4 栄養バランスのとれた食事を摂る

1日1食なので量は沢山食べて大丈夫です。もちろんバランスの取れた食事というのが前提です。

デザートやお酒もOKです。

 

1日1食ダイエットのメリット

・食費が浮く
・食事の制限がない
・自律神経や免疫が整う
・消化器系の内蔵の働きを休めるので機能が回復する
・余分な食べ物が減り、血液が汚れなくなるので、若返り、癌などの病気になりにくくなる

 

1日1食ダイエットのデメリット

・1食で必要な栄養を全部取らなければいけないので、バランスの良い食事を作るのが難しい

・家族と一緒に「1日1食」を実践するのが難しい

 

テレビでも紹介された!!成功者続々の8時間ダイエット

8時間以内で1日の食事を済ませるダイエット法です。

あとの16時間は何も食べないようにして下さい!

 

食事と食事の間が短いので、1食あたりの食事量が減ります。

そうすることで一日の総摂取カロリーを減らすことができるんです。

 

1,8時間ダイエットのやり方

自分にあった8時間を選びましょう。

あなたの生活サイクルで3食食べられるタイミング決めて下さい。

夕飯が寝る直前になりすぎないように注意が必要です。

7:00ー15:00
8:00ー16:00
9:00ー17:00
10:00ー18:00
11:00ー19:00
12:00ー20:00

 

上記の時間帯では、仕事があると難しいこともあるでしょう。

その場合は食事時間を10時間に伸ばしてもOKです。

11:00ー21:00
12:00ー22:00

などの時間にするとなんとかできそうですね?

 

2、バランスの取れた食事をする

8時間ダイエットに食事制限はありません。

なんでも好きなだけ食べて良いわけではなく、バランスが取れていれば多めに食べてもOKです。

 

オススメの食材はこちら!

●魚、卵、肉類 鶏肉や赤身肉

●ナッツ類   くるみ・アーモンドなど

●乳製品    低脂肪乳・ヨーグルトなど

●豆類     大豆・枝豆・黒豆など

●ベリー類   イチゴ・ブルーベリーなど

●暖色系の果物 リンゴ・オレンジなど

●緑黄色野菜  ブロッコリー・ピーマンなど

●穀物     五穀米・玄米など

お菓子やお酒も取り過ぎない程度であれば大丈夫!

上記の食材をバランス良く食べて下さい。

 

3、水分をこまめにとる

1日2リットル飲めたら理想的です!

代謝アップや便通改善にも繋がります!

 

8時間ダイエットのメリット

・食事を減らさないのでストレスが溜まりにくい

・続けやすい

・腸が活性化しやすくなり、便通がよくなる

 

8時間ダイエットのデメリット

・最低限の栄養バランスを気にする必要がある。

 

胃を小さくする!100gダイエット

計り

1回の食事を100gにして複数回に分けて食べるダイエット法です。

最初は食事回数が多くなるかも知れませんが、だんだん胃が小さくなってきて、どか食いできなくなってきます。

 

その結果、摂取カロリーを減らすことができ、ムダな脂肪を減らすことが出来るんです。

 

100gダイエットのポイント

1、100gを計りで毎回しっかり測る

「大体100g···」と適当に食べるのは絶対 NG !!

毎回キッチリ計りましょう。

 

2、食事の間は1時間以上空ける

1時間経ってお腹が空いていたらまた100g食べるようにしましょう。

無理して1時間毎に食べる必要はありません!

 

3、1日の栄養バランスを考えながら食べる

ケーキやラーメンなど好きなものを食べることができますが、偏食にならないよう注意しましょう!

 

4、炭水化物だけでの摂取は NG !!

ご飯やパンは100gづつ小分けにしやすいですが、炭水化物は血糖値を急激に上昇させ、食欲を増幅してしまいます。

 

炭水化物を摂取する時は満腹感がある&持続しやすい脂肪分やタンパク質が多く含まれている食品を一緒に摂るようにしましょう。

ピーナッツバター・チーズスティックがオススメです。

 

5、ローカロリーは程ほどに!

効果をアップさせようとカロリーの低いものばかり食べてしまうと、常に空腹状態になります。

結局合計の食事回数が増えてしまったり、ストレスが溜まったりして続けられなくなってしまうので、普通の食事を小分けで食べましょう。

 

100gダイエットのメリット

・少量の食事で満足できるようになる

・ストレスが溜まりにくい

・3食お腹いっぱい食べるより1日の総摂取カロリーが少ない

・胃の負担を減らせる

 

100gダイエットのデメリット

・仕事によっては食事の時間の確保が難しい

・食事メニューが偏らないよう気を付けなければならない

・100gで我慢する意志が最低限必要

 

まとめ

以上、3つのダイエット方法をご紹介しました。

いかがでしたか?あなたにピッタリなダイエット法に出会えたでしょうか?

ダイエットを成功させるには強い意思が必要不可欠ですが、自分にあわない方法を続ける事は苦痛でしかありません。

 

自分にあった方法に出会い、「これならいける!」と思ったら

理想の自分を目指して頑張りましょう!

 

 

健康カテゴリの最新記事