男の子育児は楽しい事がいっぱい!良い点と遊びの付き合い方は?

男の子育児は楽しい事がいっぱい!良い点と遊びの付き合い方は?

子供

我が家には、3歳と6歳の男の子がおります。

ちょっと小さめのお兄ちゃんと、ちょっと大きめの弟。外出すれば必ず一回は「年子?」「双子ちゃん?」と声をかけられるような二人です。

大変なことも沢山ありますが、男の子と過ごす毎日は楽しいこともいっぱいです。

 

男の子育児はココが良い

素直

男の子を育てていて良いなあと思う点は、男の子は素直なところ。

「お母さんが大好き!」「僕が守ってあげる!」と毎日のようにハグし合います。

 

頼れる

男の子はまだまだ小さいながらも頼れる存在であることも、育児をしていて良いなと思うとことの1つです。

重たい荷物を頑張って持ってくれたり、小さい手でギュウギュウと指圧をしてくれたり。

二人でお母さんの取り合いをしてけんかになることも少なくありませんが、それってすごく幸せだなあと思います。

 

男の子とはこうやって遊ぶ

男の子の遊び方にはエネルギーが満ち溢れています。

男の子の外遊びの付き合い方

我が家の休日の過ごし方は、午前中からお昼にかけて公園へ出かけ、残り物で適当に握ったおにぎりを持参しピクニック気分で食べることです。

遊びに行った公園にあまり遊具が無くても自分たちで遊びを考えて楽しそうにしています。

 

また男の子は天気が良くても悪くても、外遊びをしたがります。

雨の日の泥や水たまりは最高の遊び場です。洗濯の事を考えると親は泣きそうになりますが…。

晴れている時以外でも、子どもたちの服装や着替えはもちろんですが、一緒に遊ぶ私も汚れてもいい服や雨風がしのげる快適な防寒着やカッパをしっかり準備して行きます。

 

どうしても「寒いから早く帰ろうよ~」と言ってしまいそうになるのですが、子どもたちが集中して遊んでいる姿を見ると、約束した時間まではしっかり付き合いたいます。

満足するまで遊ばせると子どもたちの気持ちも安定し、後々自分が楽になります。

 

男の子の室内遊びの付き合い方

夕方は部屋の中か自宅の庭で遊ぶということが多いです。

部屋で遊ぶ時にも激しい遊びはありますが、午前中にしっかり体を動かしたときは、静かにレゴを組み立てたり、段ボールで工作をしたり、絵をかいたりして過ごしていることが多いです。

 

エネルギーを消費させないと室内でも暴れてしまいますので、先に外で遊ばせてから、家の中に戻るのがポイントです。

 

外遊びとはうって変わって室内遊びではママも参加させられることが多くなります。

工作中に「お母さんこれ手伝って」と言われることもあるので、近くでお茶を飲みながら座ってできる家事をしつつ、遊びに参加します。

 

男の子の行動パターンや気持ちを想定し、対応できる準備をした上で自分自身も楽しむことがポイントです。

 

3人目も男の子が欲しい

baby

「3人目は女の子が欲しいでしょう?」とよく言われるのですが、もし授かることができても私はどちらでも構いません。

 

長男を妊娠している時も次男を授かった時も、男女の希望はありませんでした。

「無事に生まれてきてほしい」と願うだけ。

 

1人目が男の子だったことで、男の子の可愛らしさを知り、2人目も男の子だと分かった時は、「またあの可愛らしい成長がみられる」ととても嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

でも3人目が男の子だったら、「上の2人とこんな風に遊ぶのかな」などワクワクすることばかりです。

 

そのくらい男の子育児は楽しいんです!

 

まとめ

毎日「お母さんの取り合い」をしている我が子男子2人ですが、そんな可愛らしい時期もあっという間に過ぎてしまうので、「今」を楽しんで子育てしたいなと思っている日々です。

そして「男の子らしさ」をいっぱい認めて、成長を見守りたいと思っています。

 

自分自身の経験から、女の子は大きくなっても母親と一緒に何かをすることが楽しみでもありますが、男の子は距離を置くことが多いです。

「お母さんが大好き!ギュッ!」「お母さんと一緒に遊びたい!」そんな今の状況を私も楽しんでおきたいので、特性を理解し、工夫をすることで、男の子の活発さも最大限楽しんでいます。

 

育児カテゴリの最新記事