【放置厳禁】幼児の便秘は何日出なかったら病院へ行けば良い?

【放置厳禁】幼児の便秘は何日出なかったら病院へ行けば良い?

子供

臓器が未熟な子供は大人よりも便秘になりやすいと言われています。

しかし、たかが便秘と放置していると大変なことになってしまうんです。

 

我が子の場合、私が早めに病院に連れて行かなかったせいで、とても可愛そうなことになってしまいました。

今回は我が子の便秘体験を元に、幼児の便秘対策や通院の必要性をご紹介します。

 

うちの子は毎日うんちが出るのに便秘だった!

男の子

ネットの情報を調べてみると……

「乳幼児期から幼児期にかけて一般的には週3回以上便が出ない、または5日以上便が出ないと便秘と診断されます。」

と書いてあることが多いです。

 

しかし我が家の次女は乳幼児期から便は毎日出ているのに便秘と診断されてしまったのです。

 

というのも次女は排便する時かなりつらそうにします。

中々出なくて気持ち悪いのか、おしりが痛いのか、すごい号泣っぷりです。

30分近く大泣きし必死に力みやっとの思いで排便します。

 

主人いわく私が出産した時より大変そうだと言います。

また出てきた便はすごい大きくそして硬いのです。

 

あまりに辛そうな排便ですが毎日便は出ているので、便秘ではないのかな思い病院に相談するのをためらっていました。

 

この選択が娘を過酷な目に合せる結果になってしまうんです。

 

幼児も痔になる?!便秘を放置した結果!

毎日30分近く力む我が子はついに肛門のヒダの一部が盛り上がり痔のような状態になってしまいました。

さらに便には血が付くことも

 

これは一大事と慌ててかかりつけ医に駆け込みました。

診断結果は「便秘」。

毎日便を出していても本人が苦しみながらの排便は便秘と言うそうです。

 

 

肛門のヒダの盛り上がりは「スキンタグ」と言われる皮膚の状態で便秘で力みすぎる女児によくみられる症状だそうです。

スキンタグに塗る保湿剤と肛門出血時につける薬はもらいましたが基本的には便秘が治らないとスキンタグも改善されません。

 

 

排便が辛そうだなと思った時にすぐ病院にきていればスキンタグまでにはならなかったかも・・・と今でも本当に後悔しています。

 

毎日排便があっても便秘ということもあります。

おかしいな、心配だなと思ったらすぐかかりつけ医に相談してください。

 

助産師さんに聞いた!うんちを出させる4つの方法

女の子

乳児期から排便が辛そうで便が硬かった次女。

離乳食が始まるとますます便が硬くなったので助産師さんに相談したことはあります。

ココでは助産師さんに教えてもらって、実際に効果のあった便秘対策をご紹介します。

 

バターを多めに使う!

便秘には食物繊維の多い食べ物が良いとされますよね。

でもそれだけでは無く、便を柔らかくし滑りをよくするためにバターや油を離乳食に多めに使うといいとアドバイスをもらいました。

 

例えばサツマイモのマッシュなどに気持ちバターを多めに使ったりすることでサツマイモとバターのW効果で便の出がよくなったりします。

 

のの字マッサージ

定番ですがお腹に「の」の字を書いてマッサージをしてあげるのの字マッサージも試しました。

 

本来大人ならウォーキングなどの運動をすることによって腸の動きを活発にさせますが、まだ幼児はそこまで自由に体が動かすことはできません。

そこでマッサージで腸の血行を良くし働きを活発にさせてあげなくてはいけないんです。

けしてうんちを手の力で押し出すわけでは無いので強くやってはいけません。

 

のの字マッサージのやり方

子供を仰向けに寝かせ、おへその下あたりをゆっくりのの字に撫でてあげましょう。

苦しくない力加減で腸をもみほぐすように撫で回します。

10回〜30回でも良いそうです。

 

腸の血行を良くしたいので、お腹が冷えないようにママの手を温めてからやるようにしてください。

 

綿棒浣腸

綿棒でする浣腸も試しました。

普通直腸にうんちが降りてくると、自然と腸が排便する動作に移るのですが、幼児の場合はそれがうまくいかない場合があります。

そこで直腸を綿棒で刺激してあげて排便を促します。

 

我が子の場合は綿棒の先にベビーオイルをつけて1~2センチほど肛門に入れてあげました。

 

写真など説明するわけにもいきません。

かかりつけの病院で助産師さんや看護師さんに直接やり方を教えて貰うのが確実です。

 

肛門マッサージ

排便しそうな時に肛門のあたりを押してあげるのも、便が出る手助けになります。

子供が踏ん張っている時におむつの上から肛門を優しく揉んであげてください。

 

 

どれもそれなりに効果があり、やったほうが排便が楽そうでした。

子供にあう便秘解消法があると思うのでぜひ試してみてください。

 

食生活には気を使っているけど便秘は改善されない

カレー

次女はとにかく便が硬いので水分補給と食べ物には注意しています。

みかんなどの柑橘系は便をゆるくすると言うので多めに食べさせたり、サツマイモやカボチャなどの食物繊維の多い野菜、スープ、ヨーグルトもオススメです。

1日3食、毎食に便秘解消メニューを取り入れています。

 

それでも次女の体質なのか便秘が完全に解消されることはなかなかありません。

 

 

便の滑りをよくするために肛門に保湿剤を塗ったりもしています。

辛そうな時が続く時は病院からもらった下剤も使用します。

自然療法だけではどうにもならないのが現実です。

 

我が子と同じようなタイプなら早めに病院に連れて行ってあげて、薬や保湿剤を使用したほうが子供の負担は少ないかもしれません。

 

まとめ

何日便が出ないかで便秘かどうかを判断するのではなく、子供の様子を見て心配や気になることがある場合はすぐに病院に相談しましょう。

スキンタグが出たり、出血があってからではかわいそうです!

 

便秘解消のためには食生活やマッサージ、肛門への直接のアプローチも有効です。

子供にあったものを見つけてあげましょう。

 

幼児便秘を放置するとヤバイ!便秘解消に効果のある食品と対策

 

育児カテゴリの最新記事