【シュチュエーション別】乳児を熱中症にさせない暑さ対策は?

【シュチュエーション別】乳児を熱中症にさせない暑さ対策は?

hot

大人でも辛い真夏の暑さ。

皮膚の厚さが大人の半分しかない乳児にとっては深刻な問題です。

体温の調節機能も未熟で汗っかきな子供は放置するとすぐに対象不良になってしまいます。

 

今回は特に、まだ自分の言葉で「暑い」や「調子が悪い」など伝えることのできない乳児のための暑さ対策をご紹介します。

 

ベビーカーでの暑さ対策

ベビーカー

大人より地面に近いベビーカーは熱もこもりやすく体感温度もママが思っている以上に暑いです。

しっかりと暑さ対策をしてあげましょう。

 

ベビーカーの陽射し対策

日差し

真夏にベビーカーを使う時は気温が高く紫外線の強い時間は避けて、できるだけ午前中や夕方にするのが基本ですが、そんなこと言ってられない状況の方が多いハズ。

 

真っ昼間にベビーカーで外出するなら必ずサンシェードを活用し、更にネットタイプの日除けを被せることで、日を防ぐことができます。

ネットタイプの日除けなら、上からだけでなく照り返しも防ぐことができますし、子供を包む事ができるので虫除け効果もあるんです!

 

サンシェードをしていても、紫外線を浴びすぎないために通気性・吸湿性のいい長袖、長ズボンは必須です。

日焼けは体内の水分を奪い体感温度をあげるとともに、脱水症状まで引き起こす可能性が上がりますので、注意してくださいね!

 

ベビーカーの温度対策

サンシェードをすると陽射しは防ぐことができますが、通気性が悪くなる分、温度がこもります。

そうなっても大丈夫なようにベビーカー用の保冷剤も使いましょう。

 

首の後ろや脇のあたりを冷やしてあげると効率的に体温の上昇を防ぐことができますが、冷たすぎる場合でも子供の体調に悪影響を及ぼします。

タオル等で包むだけだと保冷剤がはだけてしまい、直接赤ちゃんの肌に触れてしまうので、専用の保冷剤入れを使って下さい。

 

チャイルドシートでの暑さ対策

男の子

乳児用のチャイルドシートは安全上、子供を包むような設計になっています。

そのため熱がこもりやすいので暑さ対策は絶対にしてあげなければいけません。

 

車内の陽射し対策

車内はエアコンがきけば、一見涼しいように感じますが日差しには要注意です。

肌内部まで侵入し将来のシミ・シワの原因となる紫外線A波は窓ガラスを通り抜けます。

 

直射日光が当たらないようにカーテンを取り付ける方もいるかも知れませんが、普通に設置しただけでは隙間ができてしまいます。

車はあらゆる角度から陽射しが刺すので、どうしても完全に防ぐのは不可能。

 

そのためサンシェード付きのチャイルドシートを選ぶのがおすすめです。

もうサンシェードがないやつを買ってしまった場合は後付けのサンシェードを使ってみて下さい。

 

エアコンの風が当たらないようにする

エアコンの風が直接当たるのも冷えすぎる原因となります。

車内温度がそれほど低くなっていなくても、冷風を同じところに浴び続けていると、びっくりするくらい冷えてしまいます。

我が家は夏でも車にガーゼ生地のブランケットを常備しておいて冷えすぎを防ぐようにしています。

 

チャイルドシートの保冷剤

車内は暑い時は50度以上、エアコンをきかせれば20度前後まで下げることができます。

乗りはじめは良いですが、エアコンが効いてきてからも、チャイルドシート用の保冷剤をずっとつけっぱなしにしていると赤ちゃんを冷やしすぎてしまいます。

 

車内が暑いうちは有効ですが、エアコンが効いてきたら途中で外せるものがオススメです。

 

車内に子供を放置しない

当然のことですが少しの時間でも乳児を車内に放置するのは絶対にやめましょう。

エンジンをかけたままにしても思わぬ事故が起こります。

 

隠れ熱中症や脱水症状はなかなか見た目でも分かりません。

取り返しの付かないことにならないように乳児・子供から目を離さないようにしてください。

 

家での暑さ対策

女の子

カーテン

家でも車内と同様、強すぎる紫外線は体に悪影響なので直射日光が入るような窓にはレースのカーテンなどをしておきましょう。

 

車の用に動き回らないので、陽射しの角度が頻繁に変わることはないですが、乳児は自分で陽射しを回避することができません。

照り返しや鏡などによる反射などにも注意して下さい。

 

カーテンは日差しを遮るだけでなくエアコンの効率もよくしてくれますよ。

 

よしず・すだれ

真夏の室温を上げないようにするにはすだれやよしずも効果的です。

「カーテンがあるから要らないよ!」

と思う方もいるかも知れませんが、すだれやよしずは窓の外に設置して日よけするので、カーテンよりも室温の上昇を抑えられます。

窓越しだとしても太陽光が当たるとカーテン自体の温度が上がって室内を温めてしまうんです。

 

エアコンの使い方

乳児が過ごす室温は25~28度が適温です。

ですがエアコンだけでは冷気が下に溜まって冷えすぎることがあります。

乳児を床に寝かせている場合は扇風機を併用し、室内の空気を適度に撹拌して下さい。

 

この時も風が乳児に直接当たらないように注意します。

 

夜間でも暑い時はエアコンを使ってあげましょう。

寝るときも同じ温度で問題ありません。

赤ちゃんに最適な夏の室温と効果的なクーラーの使い方をご紹介

 

まとめ

乳児は体の体積は小さい割りに、表面積が多いので、体温は冷めやすく熱くなりやすいです。

そのため大人が思っている以上に、温度変化に敏感!

 

直接肌を触ってみて、赤ちゃんの体温を確認して下さい。

 

我が子の場合、ご機嫌そうだったのに、保冷剤が長時間背中に当たっていたため、びっくりするくらい肌が冷たかったことがありました。

もし放置していたら、真夏に凍傷になっっていたかも知れません。

このような事がないようにこまめに体温を調べてあげましょう。

 

また、体内に保有できる水分量が少ないので、熱中症にもなりやすいのが乳児の特徴です。

夏場はいつも飲み物を切らさないように気をつけます。

また脱水症状などもかなり深刻な状態にならないと気づきにくいので、どんなシチュエーションでも汗の状態や顔色、機嫌の良さ、いつもと違うところはないかなど乳児の様子をよく見てあげることが一番大切です。

 

乳児と楽しい夏が過ごせるようにしっかり暑さ対策を行ってあげましょう。

 

育児カテゴリの最新記事