ママのストレスも軽減する!?幼児の雨の日の遊び方

ママのストレスも軽減する!?幼児の雨の日の遊び方

雨

子供って雨が降っててもおかまい無しで外で遊びたがります。

しかし外で遊べない幼児はエネルギーを持て余してお家の中で暴れ狂いますよね

暴れる子供とずっと一緒にいなきゃいけないママはストレスが溜まります。

 

そういう私も家に子供と家にこもりっきりの日はついイライラ・・・ずっとお家にいると親子ともに辛いです。

そこで今回は2歳の我が子が雨のお家で満足できた遊びをご紹介します。

子供が機嫌よく遊んでいると自然とママも楽になりますので参考にしてみて下さい!

 

子供と一緒にできる室内遊び

うちの子が喜んでくれる母子ともに楽しめた遊びをご紹介!

タオルボクシング

雨の日にお外で遊べなくて体力が余ってる子には、体を使った室内遊び「タオルボクシング」

簡単なので幼児でもすぐにできます。

 

フェイスタオルの端に結び目を作ってママは逆側を持ちます。

ぶらぶらタオルを揺らして子供が結び目をパンチする。ただそれだけの遊びです。

 

でもこれが予想以上に盛り上がります。

タオルを大きく揺らしたり高さを変えたりすることで猫じゃらしで遊ぶ猫のように子供は大喜びでタオルを追いかけます。

ママも気分はボクシングのコーチ。

応援したりアドバイスしたり「立て!立つんだ!〇〇ーっ!」と娘の名前を絶叫してみたり(笑)パンチだけではなくキックでも遊べるのでやってみてくださいね。

 

ビリビリ新聞

手先が器用なお子様には「ビリビリ新聞」がオススメです。

こちらも簡単、親子でただ新聞を破るだけです。大きな紙をビリビリと破ると大人も子供もストレス解消できます。

 

2歳前なら破ること自体を楽しんでくれますし、もう少し大きくなれば、破ってシャワーにしたり、麺に見立てて焼きそばにしたり、頭に乗せてカツラにしたり色々な発想で遊べます。

ビリビリが終わったら子供と一緒に競争しながら散らかった新聞を集めて丸めボールにして投げっこするのが我が家の定番です。

 

まだ小さいお子さんにはママが最初に新聞紙に小さい切れ目を入れてあげましょうね。

 

 

どちらもポイントはママも参加してノリノリでやることです。

こちらがはしゃぐと子供もつられて大喜び間違えなしですよ。

 

子供が一人でできる室内遊び

女の子

ママは家事があるので、ずっと子供につきっきりで遊ぶの無理です。

こんな時は子供一人でも楽しく遊んでくれると助かります。

ココでは我が子が一人でも集中して遊んでいたもをご紹介します。

 

積み木

単純な遊びですが、シンプルだからこそ自分で考えるようで、飽きずに長く遊んでくれます。

積み木は1歳台から遊ぶことができます。

舐めたりかじったりしても大丈夫な大きく頑丈な物を準備してあげて下さい。

高く積み上げようとすると集中力もつきますよ。

 

お人形遊び

2歳半ぐらいからはお人形遊び。

言葉が出てきて上手に話せるようになると一人二役もこなします。

お人形遊びが一人でできるようになると、ママも家事に集中できて助かります

ただ、これは女の子限定ですね。

 

お絵かき

3歳半ぐらいからはお絵描きができます。

自分の描きたいものが出てくると黙々と描いてくれます。

我が家の4歳の長女は最近ひらがなが書けるようになった為一人で真剣にひらがなの練習もしています。

 

ただいきなりペンをもたせても自動的に一人で絵を書くわけではありません。

 

3歳前はペンを持たせても床や壁、自分の体なんかに落書きしてしまい目が離せません。

それでも根気よく一緒にやって教えると一人でもおとなしく絵を書くようになります。

 

一人遊びのコツ

どの一人遊びにも共通して言えるのが「最初から一人で遊ばせない」というのがポイントです。

最初は一緒についててあげてやり方をアドバイスしたり、褒めたりして遊びを軌道にのせるのです。

子供が自分の世界に入り集中しだしたらママはこっそりフェードアウト。

いつの間にか一人で真剣に遊んでくれるので試してみてください。

 

雨の日に連れて行くと喜ぶ場所は?

雨

雨が連日続くと段々お家にいるのが大変になります。

そんな時は気分転換に外に出るのも良いでしょう。

 

定番は公民館や児童センター。お金もかからず、幼児でも十分遊ぶことができます。

 

もし近くにママ友でもいたらお互いのお家を行き来するのも手ですよね。

子供もお友達と遊べるしママ同士おしゃべりするとこちらもリフレッシュできます。

雨の日が憂鬱なのはどこの家庭も一緒ですから。

 

雨の日に行ってはいけない場所

逆に行かない方がいいのはスーパーなどの商業施設です。

家でじっとしていたストレスを発散するかのように子供は大きい声を出し、走りまわります。

子供も怒られ、こちらも怒り疲れて楽しい思い出ができた試しがないです。

 

商業施設ではつい何かを買ってしまいますし、節約のためにも避けたほうが無難ですよ。

 

まとめ

雨の日は子供も思いっきり動けなくてストレスが溜まっています。

室内でも体を動かせる遊びや頭を使う遊びをして上手く気分転換させてあげましょう。

 

子供の一人遊びも発達の上で大切な時間です。

ママも家事があるので常に一緒というわけにはいきませんが、うまく遊びを軌道に乗せれば子供一人でも集中する時があります。

雨の日でもお互いにストレスをためずに過ごせるよう楽しい遊びを探してみてください。

 

育児カテゴリの最新記事