子供が大好きな鉄板絵本とは?我が子に人気の厳選3冊をご紹介【女の子向け】

子供が大好きな鉄板絵本とは?我が子に人気の厳選3冊をご紹介【女の子向け】

 

本屋さんや図書館にはたくさんの絵本が並んでいます。

どんな話が好きなのか、どんな絵本なら興味を持ってくれるのか、子供が気に入ってくれる絵本を探すのは大変ですよね。

 

我が家の4歳の長女と1歳半の次女は性格も体格の違うのに月齢ごとに気に入っている絵本は同じです。

絵本選びに迷ってるママへ、女の子なら喜ぶこと間違いなしの我が家の鉄板絵本をご紹介させて頂きます!絵本選びの参考にしてみてくださいね。

 

ぴよちゃんとあそぼ!めくってばあ!

0歳代の長女・次女の支持率NO1!!

いりやま さとしさん作の学研プラスから発売されているフェルトめくりの仕掛けがついている絵本です。

 

可愛いひよこさんがお散歩中に「誰かいますか?」と問いかけ。

フェルトをめくると虫さんや猫さん、アヒルさんが「ばあ!」と出てきます。

 

自分でめくって何かを見つける喜び、ママが「ばあ!」とわかりやすくリアクションしてあげることで大はしゃぎしてくれる絵本でした。

最後は布団をめくるとぴよちゃんがねんねしています。

寝ているぴよちゃんにトントンしてあげたり「ねんね~」と声をかけている娘の姿にも癒されました。

 

フェルトの触り心地もよく長女はずっとなでなでしていたためにボロボロに・・・次女のためにもう一度購入。

2016年に発売されたNEWぴよちゃんと遊ぼうは長女の時と若干違いますが内容はほぼ変わらず。もちろん次女も一番のお気に入りでした。

 

こっちへおいで、あそぼうよ

1歳半過ぎた長女・次女が読み返した回数NO1!!

岩崎書店から発売されているヴィクトリア・アドラーさん作の絵本です。

 

「こっちへおいで」と誘われた僕が鳥や金魚・猫に犬と一緒に遊びその動物の世界を体験するお話です。

 

文字数が多過ぎず、ママが読みやすいリズムの言葉でできていて聞いてる子供も音楽を聴くかのようにニコニコお話を聞いてくれます。

最後にママの抱っこで僕がベットに入っておやすみのちゅっ。ここで子供にもチュッとしてあげると大喜びです。

簡単な物語なら理解できるようになってくる1歳半ごろに物語の入門としてもオススメの1冊です。

 

個人的にはこの絵本の絵がとても可愛くて大好きです。優しいタッチの絵でほっこりします。

 

ディズニー・プレミアム・コレクション アナと雪の女王

3歳から長女がハマっていてもう全文暗記してしまった絵本です!

内容は皆さんご存知。

あの大ヒット映画「アナと雪の女王」の絵本バージョンです。

若干簡略化されているところもありますが、未就学児にはピッタリの文章とボリューム。

 

エルサ女王が大好きな長女が初めて自分で欲しいと言った絵本で、この絵本を自分で読みたいためにひらがなを覚えたくらいです。

今まで絵本は親が選んだものを与えてきましたが、「アナ雪」は自分で選んだということもあってか特別大事にしています。

 

3歳になると「自分は女の子だ」という自覚も出てきたため、プリンセスに興味が出てきたようです。

最近はディズニー・プレミアム・コレクションのほかの絵本もどんどん増えています。

そのうち次女も読むし、まぁいいか。という気持ちでそろえてあげています。

 

まとめ

月齢とともに興味を持つ絵本は変わっていきます。

0歳の乳児の頃は五感に訴えるような体験できる絵本が反応がよかったです。

 

1歳半頃は文字数の少なめの絵本にしてあげると子供が話をきちんと聞いてくれます。

1ページをあまり長く見せられて話も長いと飽きてしまうんでしょうね。

どんどん変わるシーンを楽しませてあげましょう。

 

3歳は自分の好きなものがはっきり出てきます。

その子の好きなもの、興味のあるのものを一緒に探してあげましょう。

自分で選んだ絵本はとても大切にしてくれますよ。

子供との思い出に残るような素敵な絵本に出会えるといいですね。

 

 

育児カテゴリの最新記事