ミニマリスト女性のおしゃれの秘訣!服を持たないワケを大公開

ミニマリスト女性のおしゃれの秘訣!服を持たないワケを大公開

ミニマリスト

近年よく耳にする「ミニマリスト」あなたはどんなイメージを持っていますか?

倹約家?

ストイック?

でもそんなことはありません。

 

ミニマリストは、ミニマム「最小限」や「最低限」を意味する言葉を語源としています。

つまりミニマリストは不要なものを持たない人という意味です。

 

しかし、現在ではただ不要なものを持たないというだけでなく、ミニマリストはおしゃれというイメージもついてきました。

大人気ブロガーのブログを書籍化した「服を減らせばおしゃれになる!」が大ヒットしたことにより、ミニマリストは女性の間でおしゃれなものとして注目され始めたんです。

 

この記事は家族を持ちながらもミニマルライフを送っている筆者がミニマリストの女性のおしゃれの秘密をご紹介していきます!

ミニマリスト女性がおしゃれな理由

ミニマリスト

ミニマリストの1番の特徴は、何よりも無駄なものを持たないことです。

必要最低限、最小限の生活を送ることで、周りの人に流されることなく、本当に必要なものを見出したり、気付いたりすることができます。

 

男性の場合は同じ服を3着だけ、部屋には何も置かないなど、極端な方もいます。

しかし女性のミニマリストはおしゃれも必要な要素のうちです。

男性ほど追求はしませんが無駄を省いて生活をしています。

 

また、余計な買い物をしないので本当に必要な物にお金をかけることができます。

良いものが残り無駄なものがなくなれば自然とおしゃれになってくるんです!

 

服が多くてもおしゃれにはなれない

そもそも「服が多い=おしゃれ」ではありません。

 

服が多い人のほとんどが自分でその膨大な量の服を管理しきれず、どこに何があるかわからない状態になっています。

 

そのため結局はおしゃれに満足できない人がほとんどなのです。

満足できないという事はまた新しいのが欲しくなります!

 

そしてまた着回しの効かない微妙な服を買ってしまい、どんどんおしゃれからは遠ざかるという悪循環に陥るのです。

 

 

 

「フランス人は服を10着しか持たないという本」はご存知ですか?

これは何かの比喩では無く本当にフランス人は10着程度しか服を持っていないんだそうです。

 

対する日本人の女性はだいたい100着くらいは服を持っていると言われます。

服がありすぎて選ぶのに時間が掛かり結局微妙な服を着るくらいなら、数種類の定番のお気に入りコーデを着たほうが良いのです!

 

上記のような考え方をすればフランス人のようにいつもおしゃれにいられます。

 

 

ちなみに私は専業主婦なので常にボトムス3着,トップス4着、アウター4着の計11着ほどの服しかありません。

フランス人よりもちょっと多いくらいですね。

 

通勤や仕事に服が必要な方もいるかと思いますが、それでもミニマリストは20〜30着くらいに抑えるそうですよ。

 

 

 

服が少くても我慢しているわけではない

ミニマリストは少ない服で我慢しているわけではありません。

服が少ないのは結果論であり、ただただ無駄な洋服を省いていっただけなのです。

 

100着、200着服がある人でも、お気に入りのコーデが何百通りもあるわけではありませんよね?

結局いつも着る組み合わせは数通りだったりします。

 

 

逆に着回しの効く便利でおしゃれな服だけにしたほうがコーディネートの幅が広がります!

 

例えばトップス4着、ボトムス3本の私の場合。それだけでも12通りの着こなしができちゃうんです。

余裕で一週間は違う組み合わせが作れますね。

 

上下5着づつでも25通り、この25種類のコーディネートをベースに靴やア

ウターを替えれば1ヶ月間毎日違う格好をすることも可能ですよ。

 

一ヶ月間服装がかぶらないようにするのは、普通は難しいでしょう。

でもミニマリスト的な服選びをするとそれができます!

我慢してるなんてとんでもありません。

むしろ毎日が楽しいです。

 

物が少ないほうが流行に乗りやすい

ミニマリストは服が少ないから流行に乗り遅れてると思われがちです。

女性としてはそんな事思われたくありませんよね?

 

ミニマリストの中には「流行とか関係ないから!お気に入りを着てるから良いんだよ!」
という方もいますが、私はミニマリストのほうが流行に乗りやすいんじゃないかなと思います。

 

服が少ないと必然的に一着あたりの服の回転率は上がります。

するとその分、服も早く消耗しますよね。

 

服の質にもよりますが、たくさん着た服は1〜2年くらいで替え時期になってしまうでしょう。

でもそのたびに最新の服を買い替えるから流行に遅れることはないはずです。

 

 

むしろ7年前に買った2,3回しか着たことがないような服を持っている方がよほど流行遅れなファッションをしがちです。(←過去の自分の言ってやりたい)

 

少ない服を何百回も着てクローゼット内の新陳代謝を高めてあげると、流行に乗り遅れることはないんです。

 

物が少ないと洗練される

服が少ないと必然的に着回しができるかどうかが服選びのポイントになります。

着回しができる服となると自然と似たような雰囲気の服ばかりになりますよね。

でもそれで良いんです!

 

バラエティーにとんだラインナップより同系統の服でレギュラーを固めたほうがあなたのファッションは洗練されます。

学生だったら似合う似合わない関係なく色んなファッションを楽しめば良いでしょうが、
仕事や育児に忙しい女性は今日はコンサバ系、明日は姫系なんてできませんよね?

 

本当に自分に似合うスタイルを貫いたほうが洗練されておしゃれに見えますよ。

 

 

またミニマリストは物が少ないので1着にお金をかけることができます。

ブランドを厳選し、サイズ・デザイン・縫製など、すべて納得してから購入するため、決して貧しいファッションにはなりません。

 

むしろ安物を大量に買ってしまうほうが、おしゃれを追求できないんです。

 

ミニマリストの洋服選びの方法

服

服は意識して買わないといつのまにか増えてしまいます。

ついつい衝動的に買っちゃいますよね?

しかも買った服のほとんどは、家に帰ってみるとなんだかイマイチに見えてしまうんです。

 

ここではそんなことにならないようミニマリスト流の服選びテクをご紹介します!

 

服を買う基準は安さじゃない

私の場合、何気なくアウトレットに行くと安いからついつい服を買いたくなってしまいます。

特にセールなんてしてたら「買わなくちゃいけないのでは?」と思ってしまうほどです。

 

でも、そのように安さで買うかどうかを決めてるようではいつまで経ってもミニマリストにはなれません。

 

 

服を買うときは「こんなのが欲しい!」とあらかじめイメージをしておきましょう。

「なにか良いものあるかな〜?」くらいの気持ちで買い物に行くと無駄な買い物をしがちです。

 

最初から雑誌やネットでどんなファッションをしたいかを考えておいて、買う服を決めます。

そしてそれを探すためにショッピングに向かってください。

 

欲しい服をはっきりさせることで、洗練されたミニマリストスタイルの服だけが買えて、無駄なものは買わなくてすむんです。

 

着回し重視で選ぶ

ミニマリストは服を着回すことで少ない枚数でもおしゃれを楽しみます。

ボーダーのTシャツ、淡い色のカーディンガン、ジーンズやチノパンなどどんなスタイルでもおかしくないものを選んでください。

 

またミニマリストは衣替えもしません。

夏のTシャツはそのまま冬にインナーとして利用したり、ワンピースにモッズコートを羽織ったりと季節をまたいだ着回しも考えて服を買います。

 

系統を揃える

今持っている服達とこれから買おうとする服の相性が良いかどうかをイメージするのはなかなか難しいですよね?

そんなときは似た系統のものを選ぶだけでもけっこう着回せたりします。

 

同系統ばかりだと「あの人いつも同じような服着てるよね?」なんて思われないか心配になるかもしれません。

でも、どんな人でも似合う服っていつも似てませんか?

あなたが同じような服を毎日着ていても似合っていればそこまで変には思われません。

 

雰囲気を変えるために微妙な服を着て居心地の悪い思いをするよりも、自信のある定番のコーディネートでいたほうが気持ちが良いですよ。

結果として堂々とカッコ良く振る舞えます。

 

小物を変えれば飽きはこない

ミニマリストは服は少ないし、全部似た系統だから飽きやすそう…なんて思ってませんか?

でも小物を使えば、ファッションの幅は無限に広がります。

 

アクセサリー、バッグ、腕時計やスカーフ、帽子などの小物を使うことでたくさんのコーディネートが楽しめます。

 

 

ミニマリスト的に「バックも時計も一個しか持たないよ」とう方も中にはいるかも知れませんが、
厳密に何がミニマリストで何がそうじゃないかなんて決まっているわけではありません。

好きなグッズを身に着けてください。

 

個人的には夏は帽子やスカーフ、冬はストールなんかを使うのがオススメ。

メガネをする人なら何個か違うデザインのものを持っても良いかもしれません。

 

服は捨てたら買う

服は買ったら捨てるのでは無く、捨てて足りなくなったら買いにいきましょう。

そうすることで無駄なものを増やさなくてすむんです。

 

でもミニマリストだからといって買い物に行く回数が少ないわけではありません。

ミニマリストは少ないものを高回転で何回も使います。

特に服は擦れたり、洗濯で傷んだりするので消耗も早いです。

そのため買ってから捨てるまでの時間が短いので、服は定期的に買いに行っています。

 

ミニマリストとそうじゃない人の違いは服をクローゼットに貯めるか貯めないかの違いです。

けしてショッピングの回数が少ないというわけではないんです!

 

ライフステージに合わせる

ミニマリストは自分のライフステージにあった服しか持ちません。

どんな人でも20代のおしゃれをずっと続けることはできません。

いくら気に入っているからと言って、年齢的にもう着ないと判断した服は捨てます。

 

 

また女性は妊娠出産をしますよね。

例えば子供ができたら、しばらくは動きやすくて洗いやすい服ばかりになるでしょう。

いつか着る!と思って妊娠前の服をとっておきたい気持ちは分かりますが、捨ててしまいましょう。

 

いつか着る服の「いつか」が来る可能性は低いです。

数年経てば体型や流行も変わりますからね。

必要なときに必要な服を選ぶのがミニマリストなんです。

 

ミニマリスト流 服の片付け術

ハンガーに掛かっている服

今まで普通に生活していた人がいきなりミニマリストになるのはちょっとむずかしいかもしれません。

なぜかと言うとミニマリストはライフスタイルそのものだから。

 

私自身急にミニマリストになったわけでは無く、だんだん身の回りを片付けて行ったらいつの間にかミニマリストと名乗っても良いレベルになった感じです。

 

単に自分のものを捨てる断捨離とは違い、長く継続して、余計なものを持たずに生きる人がミニマリストなので、明日から急に始めるには価値観を180度変えなければいけません。

ここではミニマリスト流の服のお片付け術をご紹介します。

 

気に入らない服を捨てる

まずは気に入らない服は全部捨てましょう。

普段の服選びの時に、「これは無いな」「なんか変だな」と思ったら捨ててしまいましょう。

 

もったいないという気持ちが服を捨てるブレーキになると思いますが、ここでためらってはいつまで経ってもおしゃれにはなれません。

 

上に散々書いたミニマリストの心得を読み返してください。

物を最小限にすることで良いことばかりが起きます。

気に入らない微妙な服を持つメリットなんてありませんから容赦なく捨てましょう。

 

忘れてる服を捨てる

たまにクローゼットの中を漁ると、ずーっと着てなかった服が出てきますよね?

そんな服は速攻で捨てましょう。

 

忘れている時点で気に入ってはいませんし、一回着たとしてもまた忘れ去られる運命です。

 

 

また下着や靴下も普段全然着ていないものがあるかもしれません。

ハンカチや小物、アクセサリーも出番がしばらく無いものは処分してしまいましょう。

 

見えるように収納する

服は見えるように収納することで無駄に増やすことがなくなります。

下着などはさすがに見えないところにしまいますが、洋服はラックに引っ掛けるようにすれば自分の服が把握しやすいですいので、無駄な買い物を避けることができます。

 

見せる収納をすることで、お店のディスプレイのようにすることも可能です。

またちょっとごちゃっっとするだけでも目立つので、すぐに整理しなければ!という気になります。

 

お家の中もきれいになっていきますよ!

 

まとめ

ミニマリストはストイックでも倹約家でもありません。

ただ無駄を省いているだけなのでつらいことは何もないんです。

どんな女性でもいつでもミニマルライフを始めることができます。

 

ただ、ミニマリストになるには発想転換が必要です。

 

例えば「物を捨てるのがもったいない」
と思っている方が多いかもしれません。

でもミニマリストは
無駄なもので埋め尽くされてた本来自由に使えるスペースが使用できないのがもったいない
服がありすぎて何を着ようか選んでいる時間がもったいない
と考えます。

 

ミニマリストの女性はあらゆる無駄を省いているからこそ、おしゃれへの力を注ぐことができるんです。

 

整理整頓カテゴリの最新記事