子犬のワクチン接種の回数は減らせる?注射の免除制度や打たないリスク

子犬のワクチン接種の回数は減らせる?注射の免除制度や打たないリスク

子犬は2回も3回もワクチンを打たなければいけませんが、何回も注射を打たせるのは可愛そう。

飼い主としてはできるだけ痛い思いはしてほしくありませんよね?

 

しかもワクチンにはお金も掛かるし、動物病院に連れて行くのも結構大変!というのが正直なところでしょう。

 

実際に私もそんな思いから、できるだけ愛犬への注射の回数を減らす方法を調べたのでご紹介します!

 

子犬のワクチンは最低何回?

犬

子犬の健康を守るために、打たせるべきワクチンは最低でも3回です。

内訳は混合ワクチン2回狂犬病ワクチン1回

 

狂犬病ワクチンは法律で接種することが定められているので、必ず一年に1回はさせなければいけません。

一方、混合ワクチンに法的な強制力はありませんが、子犬の免疫をつけるためには必要です。

 

混合ワクチンは確実に抗体を身につけるため最低2回は打たなければいけないので、子犬の間に狂犬病と混合ワクチン合わせて3回の予防注射はしなければいけないんです!

 

混合ワクチンは3回の場合もある

獣医さんの中には混合ワクチンを3回打ったほうが良いという人もいます。

混合ワクチンの回数に関しては、研究途中のため今現在、コレと言った規定がありません。

それぞれの獣医の判断に任せるしかない状況です。

 

犬種や犬自身の個性によってもワクチンの回数はコントロールしなければいけないので、飼い主の都合で勝手に回数を決めることは出来ません。

 

どうしても2回で抑えたい場合は、複数の動物病院に問い合わせて、混合ワクチンは2回でも良いという獣医さんを見つける他無いでしょう。

 

混合ワクチンはなぜ何回もするの?

ロングコートチワワ

混合ワクチンは2回目も3回目でも全く同じ物を打ちます。

わざわざ同じものを複数回打つ理由は確実に抗体を作るためです。

 

簡単に説明すると1回目で抗体が作られないかもしれないから、同じものをもう1回。
それでもダメかもしれないから、さらにもう一回。
というように確実性を上げるために同じものを打ちます。

 

 

なぜ1回目のワクチンで確実に抗体が出来ないのか? というと、移行抗体が自分で抗体を作る機能を邪魔してしまうからなんです!

 

子犬はもともと何も抗体を持っていない状態で生まれますが、
母犬の母乳から移行抗体という抗体をもらい、
そのおけげで生後数ヶ月は病気にならずに済むのです。

 

しかし母乳が終わるとだんだん移行抗体の効き目が切れてしまいます。

移行抗体の推移

移行抗体がちょうど切れたタイミングでワクチンを接種できればよいのですが、

まだ移行抗体の効き目が残っている時にワクチンを打つと、
ワクチンの毒素と移行抗体が戦ってしまうので、
抗体を作る必要がありません。

よって自ら抗体を作ること無く終わってしまうんです!

 

 

移行抗体の効き目は犬によって持続時間が違い、早い犬は生後50日で効果が消え、遅い犬は生後120日も効力を発揮します。

 

移行抗体が切れてしまうと感染した時が怖いし、
かと言って移行抗体が早めに切れる可能性もあるので、
生後50〜120日の間に複数回ワクチンを打つんです。

 

狂犬病ワクチンを免除できる場合

犬

狂犬病ワクチンは法律で定められているので必ず打たなければいけません。

しかし、狂犬病の猶予証明書をもらえば免除することが出来ます。

 

猶予証明書とは

狂犬病の猶予証明書はワクチンを打つことによって副作用が出やすい犬に発行してもらうことが出来る証書です。

 

狂犬病のワクチンを打つことによって副作用が出るかどうかは、打ってみないと分からないので、はじめて打つ子犬の時期から免除されるケースは少ないです。

 

しかし病気や怪我でワクチン接種が困難な場合などに一時的に猶予証明書を貰うことが可能です。

 

本来ワクチンが困難な犬のために設けられた制度なので、
申請すれば誰でも猶予証明書を貰える訳ではなく、
かかりつけの獣医から診察・検査を受ける必要があります。

免除したくてできるものではありません。

 

子犬に無理をさせたくない場合には獣医に相談して、猶予証明書をもらいましょう。

 

混合ワクチンは受けなくても良い?

犬

混合ワクチンの接種は義務ではありません。

別に打たなくても、犬の処分や飼い主に対する刑罰はありません。

 

そのため「他の犬と触れ合わせない」「室内だけで飼う」という人の中には混合ワクチンを打たない人もいます。

でも犬の病気を人間が媒介することもありますし、パルボウィルスなど発病すると死に至る病気まであります。

 

「注射が可愛そうだから」と言って予防接種を受けさせないと、後で大変なことになるかもしれません。

 

まとめ

子犬の健康を考えるなら、最低でも3回は注射を受けさせなければいけません。

やはり注射を打たせない場合は病気のリスクも高まりますし、他の犬に迷惑をかけることにもなりますので、打たせるの方が良いでしょう。

 

狂犬病に関しては免除制度もありますが、注射を打たせたくないだけでは免除の対象にはなりません。

健康な子犬なら必ず打たせてあげてください。

 

 

子犬のワクチン接種はコチラの記事も合わせて読むともっと詳しくわかります。

子犬はなぜワクチン後じゃないとシャンプーしちゃいけないの?

子犬はワクチン接種してからじゃないと散歩が出来ない?!なんでなの?

最適な子犬のワクチン接種の間隔とは?ワクチンスケジュールの立て方をご紹介

 

ペットカテゴリの最新記事