赤ちゃんに夏布団を使ってみた!買っても無駄になるので購入は慎重に

赤ちゃんに夏布団を使ってみた!買っても無駄になるので購入は慎重に

baby

新陳代謝が活発なので赤ちゃんの汗の量って本当にハンパ無いです!

体温調整が未熟なので、ちょっと寝っ転がしておくだけでも背中はベチョベチョになってしまいますよね?

特に寝ている間は様子を見ることが出来ないので、知らない間に熱中症や脱水症状なんてことになりかねません。

 

実際に生後1ヶ月から乳児に夏用布団を使ってみた使用感や快適な布団選びの基準、心地よい睡眠環境をご紹介します。

夏用掛け布団は必要ない!

結論からいうと、暑い時期に掛け布団は必要ありません。

誰でもそうですけど、他人の体感温度なんてわからないですよね?

特に物言わぬ赤ちゃんの体感温度なんてなおさら分かりません。

とりあえず夏用と書いてあるものなら赤ちゃんに最適だろうと買ってみたのですが、実際に使ってみると猛烈に暑そうにして、終いには蹴っ飛ばしてしまいました。

 

最初は暑くて蹴飛ばしているのか、
ただ単に蹴飛ばしているか分からず、
布団でくるんでみたりしたのですが、結局嫌がって布団から這い出ようとしてました。

赤ちゃん

また、ウチの子どもは掛け布団の端などを触りながらじゃないと眠りにつけないという習性をもっていたので、最初は布団が必要なのですが、完全に睡眠に入ると自然とはいじゃうんですよね。

 

しかしクーラーで部屋を冷やし気味にしている時はおとなしく布団を掛けていることもあるので、やはり暑いと本能的に布団をどかすようです。

 

扇風機の風やクーラーの冷気が直接当たらないように注意しておけば、何も掛けないほうが良さそうです。

ちょっと部屋が冷えすぎてるかな? というときでも夏布団ではなく、おくるみやタオルを掛けるだけで十分。

夏布団を買っても使う場面はありませんでした。

 

寝冷えチェックと対策

何も掛けないと風邪をひかないか、寝冷えしないかと心配になりますが、手や足を触ってみて冷えていないようであれば大丈夫です。

 

しかし寝ている間は常に手足のチェックをしてあげられるわけでは無いので、パジャマのズボンは腹巻タイプになっているものを着させてあげましょう。

1番冷えるとダメージが出やすいのがお腹なので、そこだけは必ずカバーしておくと良いです。

赤ちゃんのつなぎ

つなぎの服で寝かせるのも冷え防止には良いのですが、熱がこもるのが難点!

上下別のパジャマの方が通気性もよく、汗をかいた際の着替えもしやすいのでおすすめです。

まだ上下別のパジャマが着れない、月齢の低い赤ちゃんはメッシュ素材の通気性重視の服を選んであげると汗でベタベタになりにくいですよ。

 

快適に眠れる夏の敷き布団の使い方

布団の上で寝ている赤ちゃん

夏は赤ちゃんの下にバスタオルを敷くのがベストです!

 

赤ちゃんが寝るお布団は、
敷布団
防水シート
シーツ
を敷いくのが一般的です。

防水のシーツを敷いている方もいるでしょう。

 

別にどんなものを敷いても良いのですが、1番上にはバスタオルを敷いてあげてください。

バスタオルを敷くだけで汗の吸い取りはシーツのみより格段に良くなります!

バスタオルの上で寝る赤ちゃん

 

布団の場合はすのこを敷く

床に布団を敷いて寝かせている場合は、敷布団の下にすのこを敷くと熱がこもらず心地よく眠ることができます。

 

赤ちゃんが一晩寝ると、布団の裏までびっしょりになっていてびっくりしたことがあります。

水分は空気よりも冷めにくいので、しっとりした布団で寝ているということは一晩中ぬるま湯に使っているのと似たようなものです。

そんな状態じゃ熱がこもって寝るどころではありません。

赤ちゃんの下だけでも通気性を良くして涼しくしてあげましょう。

 

すのこがしけない場合は赤ちゃん用のひんやりマットやひんやりシーツなどしいてもOKです。

この手のひんやり製品は熱伝導率が高く、速乾性の素材で出来ているので、冷やしすぎたりすることはありません。

寝苦しい夜にはこういったものも大いに活用してあげて下さい。

 

赤ちゃん用の敷き布団は買うべき?

ベビー布団はサイズが小さいといっても、小柄な子なら小学生にあがる前までは十分使えます。

座布団じゃ小さすぎるし、かと言ってお昼寝の度に寝室にいくのは面倒くさいので、ベビー布団はそんな時にあれば便利です。

うんちやゲロの他に夏は汗でもベビー布団が汚れるので、洗濯のために2枚あっても良いかもしれません。

 

また、赤ちゃんから大量の汗を吸収しますし、生後間もない赤ちゃんはずっと寝ていますから、気を抜くと布団の裏にカビが生えてしまいます。

適宜布団をチェンジして順番に干しながら使うためにも2枚あると良いですよ!

 

夏用スリーパーも要らない

ガーゼ地やタオル生地の、夏用スリーパーもよく売られています。

お腹の冷え防止にと、着せているお家もありますよね。

確かにスリーパーなら蹴ってもお腹がめくれ上がることはないので、寝冷え防止には安心です。

 

ただ、やはりスリーパーを着せる分1枚多くなるので、中に着せるパジャマを薄手のものにするなどの対策が必要です。

でもそれなら最初からスリーパーは必要ありません。

普通のパジャマを着せてあげれば十分です。

 

夏用スリーパーを買っても使うだけ無駄になってしまいます。

買うなら夏と限定せず、オールシーズン使えるスリーパーがオススメです。

 

夏のねんねで使える小技

夏の添い寝

ウチは夜寝る時、ママと添い寝だったので大人用の布団に一緒に寝かせていました。

添い寝のほうが熟睡できる赤ちゃんだったということもありますが、なにより夜の授乳がラクでした。

夏の夜は暑くて、冬より寝相が悪くなりがちです。気づいたら布団から落っこちていたりするので、添い寝で気遣ってあげられると赤ちゃんも安心します。

 

睡眠中に使える汗対策

赤ちゃんが汗をかくのは寝入りばなです。

寝かせる時に背中にガーゼを1枚仕込み、熟睡したらそっとガーゼだけ引き出す、なんて方法もあります。

夜中に着替えさせるとのは面倒ですし、せっかく寝た赤ちゃんを起こしてしまう確立を少しでも減らしたい方は試してみてください。

 

まとめ

赤ちゃん用の夏の掛け布団は必要ありません。

もし冷える日があってもタオルを掛けておけば十分です。

 

便利な夏用製品もありますが、家にもともとあるものだけでもなんとかなります。

結局赤ちゃんが気に入らず、使わなくなってしまう事を考えると、何でもかんでも買い揃える必要はないかもしれません。

 

暑い夏を快適に過ごす便利ワザはこの記事でも紹介中

赤ちゃんに最適な夏の室温と効果的なクーラーの使い方をご紹介

赤ちゃんの夏の肌着の使い方!洗濯と着替えを減らすズボラ技をご紹介

 

育児カテゴリの最新記事