二人目妊娠中にするべきイライラ対処法!早めのトイトレでストレス軽減すべし!

二人目妊娠中にするべきイライラ対処法!早めのトイトレでストレス軽減すべし!

私には4歳と2歳の2人の娘がいます。

長女が2歳半で次女が生まれたのですが、正直二人目の妊娠中は大変でした。

思い通りにいかない我が子にイライラすることもしばしば。

 

この記事はそんな二人目の妊娠期を過ごした私が、今だからこそ言えるイライラの対処法をご紹介します。

二人目妊娠はここが大変!

おすわりしている赤ちゃんと子ども

二人目の妊娠中、大変だったことは大きなお腹でも長女を連れて歩かねばならなかったことです。

 

私は長女が2歳前に次女を妊娠しました。

長女はイヤイヤ期も赤ちゃん返りもなく手のかからない幼児だったのですが、それでも妊娠中のお出かけは大変でした。

長女はダダをこねたりグズったりすることはありませんが、好奇心旺盛なので気になったものはとりあえず見に行ってしまう迷子になりやすいタイプだったんです。

 

そのため妊娠中でも長女を追いかけながらのお買い物。

公園でも思いっきり走りまわるので追いかけるのに一苦労。

 

周りの友達に「妊婦なのに動きすぎ!!」と注意されていました。

 

でも我が子を野放しにするわけにはいかないので必死に追いかけます。

言葉もわかるようになってきたとはいえまだ2歳です。

こちらが想像もつかないことをしでかすので、やはり目が離せませんでした。

 

 

特に大変だったのは妊婦健診です。

待ち時間が長いため、飽きて走ろうとするは探検に行こうとするはの大騒ぎ。

他の妊婦さんにぶつかリでもしたら大変!と押さえつけるのが大変でした。

 

1回連れて行って、これは無理だと判断し2回目からは近所のママ友に長女を預けて検診に行っていました。

私の通ってた産院はキッズスペースなどもなかったので、2歳児を連れて行くにはハードルが高すぎたんですね。

 

 

一人目の妊娠中は安静にすることを心がけながら無理をしないようにしていたのに、二人目妊娠中は無理しかしていません。

それでも私はつわりもなく妊娠の経過も良く、長女の赤ちゃん返りもなかったのでまだマシな方だったと思います。

 

二人目妊娠中で体調がすぐれないと言う場合は、親やご主人にヘルプを出したほうがいいです。

それだけ子供を育てながらの妊婦生活はハードでした。

 

二人目妊娠中のイライラ対処法

兄弟

とにかく出先で長女の面倒を見るのが大変だったので、旦那が休みの日は長女を預け一人で出かけてストレスを発散していました。

と言ってもどこか素敵なところに行くわけではなく近所のスーパーでの買い出しでしたが、それでも一人になる時間があると落ち着きました。

 

あとは長女を思いっきり甘えさせてあげることです。

妊娠中なので運動はできませんが家で絵本を読んだり、一緒にクッキーを作ったり、お人形遊びをしたり…。

 

子供と遊ぶのは当たり前のことですが家事なども忘れて長女と遊ぶのに没頭し長女のとびきりの笑顔を見るのもストレス解消になりました。

この笑顔のためなら大変なことも頑張れるし、ママのやる気エネルギーも充電させてもらっていました。

 

下の子が生まれるまでにトイトレをすべし

子供

私の場合、二人目が生まれる頃には長女は2歳半。

2歳半と言えばトイトレの時期ですよね?

 

私は新生児のお世話をしながら長女のトイレトレーニングは不可能と判断し、早めにトイトレを開始!

次女は9月に出産予定だったので、トイレトレーニングに最適な夏の3ヶ月間でおむつを卒業させてしまおうと思ったのです。

 

でも長女はトイレが大の苦手で全然オムツが外れる気配がありませんでした。

臨月の大きいお腹でお漏らしの片付けをするのはそれはそれは大変。

出産経験のあるママなら分かると思いますが、しゃがんで床を拭いたり、ウンチで汚れたパンツを手洗いしたり、想像しただけでもゾッとしますよね?

 

逆に「おしっこ出る!!」と言ったのにトイレに行ってみても「出ない!」なんてこともしょっちゅう。

重い体でわざわざトイレまで行ったのに!とこちらもストレスが溜まってしまいました。

 

なんとかウンチだけはトイレでできるようなったものの、完全におむつが取れる前に次女が生まれてしまいました。

 

 

案の定、新生児の育児に手がかかり、長女のトイレにまで気を配れなくなってしまいます。

里帰りしたので、いつもの環境とは変わりましたし、ママも毎回トイレに付き合うことはできません。

長女もそんな状況で、いつものようにトイレができるわけもなく、妊娠中あんなに苦労したトイレトレーニングは振り出しに戻ってしまいました。

 

もし二人目を出産するなら下の子が生まれる前におむつを卒業させるように頑張って下さい。

 

 

結局、長女のオムツが取れたのは3歳過ぎ。次女が6ヶ月になった頃でした。

 

下の子が生まれると環境が激変するので上の子にもストレスや戸惑いが生まれます。

我が子にはありませんでしたが、赤ちゃん返りをする子もいるくらいですからね。

 

トイレトレーニングは下の子の育児が落ち着くまでは、無理してやらなくも大丈夫です。というかできません。

実際に長女の場合、次女に手がかからなくなってきた頃にトイレトレーニングを再開したら、意外とスムーズにおむつが取れましたよ。

 

 

ママ自身も妊娠中や新生児の面倒を見ながら、上の子のトイレトレーニングをするのは本当に大変です。親子ともに余裕のあるときにやることをオススメします。

 

まとめ

二人目の妊娠中は一人目の時のようにのんびりはできません。

小さい子供の育児はイライラする事が多いので、うまく回避するか他人の協力は必要不可欠です。

 

特に妊娠後期に上の子のトイレトレーニングをするのはかなり大変です。

時期をずらしてやることをおすすめします。

 

妊娠カテゴリの最新記事