バスチェアはいつまで必要⁉実際に使ってみた使用感や便利な使い方をご紹介

バスチェアはいつまで必要⁉実際に使ってみた使用感や便利な使い方をご紹介

バスチェア

赤ちゃんが生まれたらバスチェアも準備すべきです!

この記事では実際に二人の娘をお風呂に入れる時にバスチェアを使ってみた経験から
便利な使い方や使用上の注意点などを詳しくご紹介します!

バスチェアはどんな時の必要?

ベビーバス

お風呂で安全に赤ちゃんを待たせるためにはバスチェアは必須です。

 

我が家では私が頭や体を洗っている時に使用しています。

赤ちゃんがおすわりできない時期は脱衣所でねんねで待たせても大丈夫ですが、寝返りやハイハイが始まったら危なくて目が離せません。

そうなったらバスチェアの出番です。

 

バスチェアの良いところはママの姿を見ながら待てるところ!

我が家は長女も次女もママの顔が見えないとダメなタイプだったので、首が座ったらすぐバスチェアを使用していました。

娘達が愛用していたバスチェアは椅子の角度を変えられるバウンサータイプだったので、腰が座る前から使うことができたんです。

椅子の角度が変えられないタイプを腰が据わる前に使用すると危険です。

旦那さんの帰りが遅い家庭の場合、ママ一人でお風呂に入れないといけません。

そうなると新生児期の早い段階からバスチェアが必須になりますので、バウンサータイプを準備するのがおすすめです。

 

遠くに兄弟姉妹が生まれるとバスチェアの重宝度は高まります。

長女ひとりの時は「便利だな~」くらいでしたが、
次女が生まれてからはバスチェアなしでのお風呂なんて考えられませんでした!

自分が洗う時はもちろん長女を洗っている最中も次女をバスチェアに座らせます。

むしろバスチェアが無いとどこにも次女を置いておくところがありません。

 

バスチェアを使う時の注意点

長時間使用は危険

バスチェアの長時間の使用は危険です。

腰が座った赤ちゃんは体を反ってバスチェアから脱走しようとします。そしてズルズルと椅子から下がってきて呼吸しずらい態勢になってしまうので注意が必要です。

また、熱いお風呂場の空気にのぼせてしまうこともあるんです。

待たせていることを忘れずこまめに赤ちゃんの状態を確認しながら短時間での使用を心がけてください。

 

バスチェアを温める

バスチェアは使用前に必ずお湯をかけて温めてあげましょう。

座っった時に冷たいとびっくりして泣き出してしまうことがあります。

 

赤ちゃんが座った後も待たせている間にこまめにお湯をかけてください。

ちょっと放っておくだけで手足が冷えてしまいますので要注意です。

 

使用後は必ず洗う

使用後はバスチェアを必ず毎回洗いましょう。

シャワーで流すだけだと石鹸の残りカスなどでカビが発生します。

そして一回でもカビが生えるとなかなか完全に落とすことができません。

 

お風呂の洗剤は刺激が強いので、もし洗い残しがあった場合赤ちゃんの肌がかぶれてしまう恐れがあります。

そのため中性洗剤で洗ってください。

 

私は食器用の洗剤や赤ちゃん用のボディソープをスポンジにつけてバスチェアを洗っていました。

洗った後はひっくり返し、風通しを良くして乾かしておけばカビは生えません。

 

バスチェアはいつまで使える?

我が家の場合は長女は歩けるようになるまで、次女は立っちができるようになるまでバスチェアを使っていました。

個人差がありますが、生後9ヶ月ごろから1年3ヶ月くらいまでは使用できます。

 

うちの場合は、なぜ長女の方が長い期間使っていたかというと、私が「不安定な立っちでお風呂に立つのは危ない!」とバスチェアに座るように促していたからです。

長女自身もそれが当然だと思っていたので嫌がらずバスチェアを使用してくれていました。

 

ところが次女はそうはいきません。

お風呂場で自由に動く長女に憧れ、つかまり立ちができるようになったくらいからバスチェアを嫌がるようになってしまったんです。

それでも騙し騙し座らせていましたが、立っちができるようになると完全にバスチェアを拒否するようになりました。

その結果次女は長女よりも数ヶ月早くバスチェアを卒業することになったのです。

 

やっぱり2人目は上の子の真似をしたいものなので仕方がありません。

子供が嫌がらなければ長女のように長い間使用できますよ。

 

 

また、バスチェアは待たせる時に使うなら「たっち」ができるようになるまでですが、場合によってはもうちょっと長く使うことも可能です。

 

例えばうちの場合、子供を寝かせたor座らせた状態で体や頭を洗う時に使うこともあります。

体をバスチェアに固定するとママは両手を使ってしっかり洗うことができます。

また、うちの子は目に水が入るのがイヤだったので、3歳直前までバスチェアで寝ながら頭にシャワーをしていました。

 

まとめ

子供が一人ならバスチェアが無くてもお風呂に入れることは可能ですが、兄弟姉妹が生まれたらめっちゃ便利です。

いろいろなタイプのバスチェアがある中で、バウンサータイプはおすすめ。

座らせたり寝かせたりと汎用性も高く、首がすわる前から使用できますよ!

育児カテゴリの最新記事