ジュニアシートの助手席設置の危険性!安全で使い心地の良いジュニアシートの選び方

ジュニアシートの助手席設置の危険性!安全で使い心地の良いジュニアシートの選び方

ジュニアシート

娘の成長を期にチャイルドシートからジュニアシートにアップグレードさせてみました。

実際にジュニアシートを使用してみた経験からジュニアシートの安全な使い方や失敗しない選び方をご紹介します。

 

ちなみに今回購入したジュニアシートはこちら↓

グレコ ジュニアシート ジュニアプラス メトロポリタンGR

ジュニアシートが使えるのはいつからいつまで?

子供

ジュニアシートは2歳から12歳までの子供に使用できる物もあります。

製品によって対象年齢が違いますので購入する前に確認してください。

 

一般的には新生児から3歳くらいまではチャイルドシートを使って、サイズアウトしたらジュニアシートに切り替えます。

 

チャイルドシートは両肩、両腰、股の5点式ハーネスで子供をホールドするものがほとんどなので、ある程度大きくなったら窮屈になってしまいますが、ジュニアシートは大人と同じようにシートベルトを使うので長く使えるものが多いです。

 

いつまで使用するのかは親の判断にもよりますが、6歳未満の子供を車に乗せる時はチャイルドシートの着用が道路交通法で義務付けられています。

2歳程度でチャイルドシートやベビーシートから切り替える場合は最低でも3〜4年は使うことを見通して購入したほうが良いですよ!

 

ジュニアシートは体格で選ぶ

ジュニアシートには対象年齢が設けられていることがほとんどですが、年齢よりも適応体重を重視しなければいけません。

特にジュニアシートに切り替える2〜3歳頃は小さい子は9kg、大きい子は16kgほどとかなり体重に幅がありますので、体格に合わないものを選ぶとシートベルトが首に絡まってしまうこともあります。

 

 

我が家の長女はちょっと早めの2歳半、体重はまだ9kgできたが、9kgから使用できるジュニアシートに切り替えました。

チャイルドシートは13kgくらいまで使用できるものでしたが、次女が生まれてチャイルドシートを次女用に下ろしたのでジュニアシートをしたんです。

 

次女はもうすぐ2歳になり体重も8キロほどになりました。

我が家のジュニアシートの適応体重まであと1キロですが、試しに座らせてみるとガバガバで体格的にジュニアシートの使用はまだ無理でした。

 

子供の体重や身長、体格には個人差があります。

数字だけではわかりにくいので、実際に西松屋やアカチャンホンポなどに行ってジュニアシートに子供を座らせてみるのがおすすめです。

その子の体格に合った安全なものを選んであげられますよ。

 

ジュニアシートを助手席で使うと何が危険?

助手席のエアバッグ

ジュニアシートやチャイルドシートを設置しても小さい子どもを助手席に座らせてはいけません。

何が危険なのかというとエアバッグが危ないんです。

ジュニアシートを使用しているような時期は少なくともエアバッグの出ない後部座席に座らせておくのが良いでしょう。

当然衝突した時の衝撃も後部座席の方が弱いですしね。

 

ジュニアシートの設置場所は運転席の後ろが最も安全と言われています。

日本では子供を助手席に座らせても違反にはなりませんが、オーストラリアやフランスなどは子供を前部座席に座らせる事自体禁止しています。

他にもたくさんの国で子供を前の座席に座らせるのを禁止しているので、実際に後部座席に座っている方が事故での死亡率が低いんでしょうね。

参考:海外のシートベルト着用・チャイルドシート使用義務 JAF

 

しかも法律では定められていませんが車によっては取扱説明書に「子どもは前の座席に座らせないでください」と記載されているものまであります。

 

交通事故

以前私の友人が4歳の子供を助手席でジュニアシートに乗せていて交通事故に巻き込まれました。

玉突き事故に巻き込まれフロントがぶつかった衝撃でエアバックが開いたそうですが、その時子供が窒息しそうになったとのこと!

 

助手席のエアバッグってダッシュボードの部分から開くため、運転席のものより3倍くらい大きく膨らみます。

しかも助手席にはハンドルが無いので、エアバッグが開いてしまうとどこにも掴まれず、エアバッグの中でもがく状態になるんだそうです。

しかもエアバッグは当然空気を通さないナイロン製の素材のため、顔に張り付いたら息が吸えません。

 

ジュニアシートで体が座席に固定されているところにエアバックが出てきて身動きが取れなかったので本当に危なかったと友人は言っていました。

 

ジュニアシートも正しく使っていたし、エアバッグもきちんと作動したのに助手席に座らせていたばかりに危険な目に合わせてしまったようです。

我が家も娘がグズったり具合が悪い時はすぐ対応できるようにと助手席に座らせることがありましたがこの事故の話を聞いてゾッとしました。

 

 

しかも調べてみるとエアバッグが開く速度は音速並みに速いので、大人でもエアバッグが開く衝撃で骨折をする可能性があるそうです。

事故時にダッシュボードに叩きつけられるよりはマシなんでしょうが、小さい子供がそんな衝撃に耐えられるかは分かりません。

 

自分がどんなに気をつけて運転していても事故をもらってしまうこともあります。子供の命を守るために少しでも安全な場所にジュニアシートを設置してあげましょう。

 

ジュニアシートの使い心地

チャイルドシートからジュニアシートに変えた時、長女は大喜びでした!

チャイルドシートのホールド感がなくなって座り心地も悪くなりそうなもんですが、ジュニアシートのほうが良かったみたいです。

 

チャイルドシート独特のホールド感から解放されるし、大人と同じようにシートベルトを使えるので少しお姉さんになった気がしたのでしょう。

 

確かに夏場のチャイルドシートは通気性が悪くて暑そうでした。

体も大きくなってきて窮屈なチャイルドシートを嫌がる素振りもありましたからね。

 

我が家は座面と背もたれ付きのジュニアシートを選び、シートベルトが首や肩に食い込まないように気をつけました。

チャイルドシートに比べるとクッション部分が薄くお尻が痛い?と心配していましたが、本人は気にすることなくご機嫌で使用していました。

 

ジュニアシートの寝心地は悪い

問題はお昼寝をしてしまった時です。

当の本人は何も言っていませんが、首があっちこっち傾いて見ていて痛そう&寝にくそうでした。

体が柔らかいから本当に痛く無いのかもしれませんが体には悪そうです。

 

座席を少しリクライニングして安眠の態勢を作ろうとしたのですが座席を倒しすぎるとシートベルトが首や肩を変に圧迫してしまいます。

お店でジュニアシートを選ぶ際にはリクライニングした状態もチェックした方が良いですよ!

 

背もたれのあるジュニアシートでも寝心地は悪いので、座席のみのタイプはもっとお昼寝はしにくいかもしれません。

 

まとめ

ジュニアシートは正しく設置していてもエアバッグが作動すると危険です。

そのため助手席に子どもを座らせてはいけません。

 

また、安全で快適なジュニアシートを選ぶならお店で実際に試着するのが確実ですよ!

試着するならリクライニングさせた状態も確認しておきましょう。

 

ジュニアシートは製品によって対象年齢や適応体重がバラバラですので、子供にあっているかを確認してください。

 

育児カテゴリの最新記事