赤ちゃん連れのおでかけはいつからOK?はじめての外出で注意するべきポイント

赤ちゃん連れのおでかけはいつからOK?はじめての外出で注意するべきポイント

赤ちゃんのお出かけはいつからできる

生後2〜3ヶ月ごろ、新生児のお世話にも慣れてきたら少しづつお出かけもできるようになってきます。

でも赤ちゃんを連れて初めて外出するときは意外と緊張するもの。

私が初めて生まれたばかりの娘と外出したときは「衛生面とか大丈夫かな?」とか「お外の音にびっくりして泣かないかな?」とか、色々心配しました。

この記事では赤ちゃんに快適なお出かけをしてもらうため、4歳と1歳の姉妹の母である筆者が赤ちゃんを連れて初めてお出かけするときのポイントをご紹介します。

生後1ヶ月頃からお出かけができる

赤ちゃん帽子

新生児は生後一ヶ月くらいまでは一日の大半を寝て過ごすので、不必要に出歩かずゆっくり寝かせておくのが一般的です。

ちなみに我が子たちの初めて外出も生後一ヶ月。1ヶ月検診で産院に行くのが最初でした。

特に事情がなければ、私のように産後1ヶ月間実家や自宅で体を休めながら育児をし、1ヶ月検診で親子で初めての外出するという方は多いのではないでしょうか?

私も里帰りし床上げするまでの1ヶ月間実家でゆっくりさせてもらっていたので私自身も1ヶ月検診が久々の外出でした。

赤ちゃんと一緒に世間から隔離された時間を1ヶ月も過ごしていたため外に出るのになんだかドキドキしてしまう私。

しかも生まれたばかりの我が子を連れてなので、すごく緊張したのを覚えています。

この1ヶ月検診で赤ちゃんの健康状態も良くママの体調も安定していると先生に診断してもらえれば、この後少しずつお出かけが可能になります。

しかしまだまだ病気に対する抵抗力が低い新生児には気をつけなければいけないことがたくさんあるんです。

新生児の外出には季節に注意

子ども

我が家の長女・次女は生後2ヶ月過ぎから頻繁に外出するようになりました。

長女は2月生まれだったので、外出し始めた3,4月はだんだんと暖かくなりお出かけしやすい気候。

特に体調面でも特別気を使うことはありませんでしたが、9月生まれの次女のときは色々大変だったんです。

10,11月はどんどん寒くなるしインフルエンザや風邪などの感染症も気になる季節になり、あまり外出はできませんでした。

しかもまだ腰も首も座らない赤ちゃんに防寒具を着せるのも大変!

早い段階から外気浴などをさせたかったんですが、風邪や病気のリスクを考えるとなかなか思うようにお出かけはさせられなかったんです。

生後1ヶ月からお出かけできると言っても、赤ちゃんが生まれた月によって、外出のしやすさが変わってきますので、季節や天気に注意しなければいけませんね。

新生児はチャイルドシートに座れない

病院の先生に赤ちゃんを外出させても問題ないと言われても、実際はなかなか難しいです。

というのも新生児にはチャイルドシート問題が発生します!

我が家の長女はとんでもない抱っこ大好き娘で、新生児の頃から布団に置くと大号泣するのでほぼ1日中抱っこしていました。

そんな長女ですからチャイルドシートに座ってられるわけがありません。 毎回乗せただけで大号泣です。

でも泣いているからといって車内でチャイルドシートから降ろすことはできません。

毎回歌ったりオモチャであやしたり気を紛らわせようと奮闘しましたが何をしても車内では大号泣。

泣くのが可愛そうなので、車に乗って遠出するのを控えるようになりました。

生後半年で泣かなくなった

車に乗るのを控えていたとは言え、全く車を使わなかったわけではありません。

仕方がない時は、泣いてもぐずっても乗せ続けていました。

すると生後半年くらいから、一度座らされたら泣いても抱っこしてもらえないと理解したのか、ピタッと泣かなくなったんです。

いくら可愛そうだからと言っても、走行中にチャイルドシートから下ろして抱っこさせてはいけません。

「泣けば抱っこしてもらえる」と勘違いするといつまでも泣き続けます。

毎回毎回泣くたびに走行中の車内で抱っこしていては危険ですので、心を鬼にして半年間くらいは子供が泣いていても耐えてくださいね。

新生児のうちにベビーカーに慣らす

ベビーカー

我が家の長女はベビーカーに生後半年過ぎまで乗せたことがなく、初めて乗せた時は大暴れ&大号泣した。

その後ベビーカーに慣れるまで2ヶ月。

結局ベビーカーにおとなしく乗っていられた時期はごくわずかでした。

長女の反省を踏まえ次女は生後2ヶ月頃からベビーカーに乗せました。

そのおかげか嫌がる素振りは全くなし。

ベビーカーは月齢の低い時から赤ちゃんに慣れさせておくことをオススメします。

外出先の下調べは必須

子供が生まれたら、外出先に行く前に毎回調べるべきなのが、授乳室・オムツ替えスペースの有無です。

出産前から行き慣れていたショッピングモールでも、実際に赤ちゃんを連れて行ってみると「おむつ替え台が少ない!」「授乳室がない!」と色々なことに気づくでしょう。

オムツに着替え、体温調節用にブランケット、授乳ケープ、ぐずった時用に気に入っているオモチャ、いざという時のために母子手帳!と持ち物の準備は当然するかと思いますが、施設が充実しているかどうかも事前にチェックしてみてください。

私は母乳とミルクの混合でしたが、娘たちは母乳の方が好きだったのでお出かけ先では母乳オンリーでした。

そのため授乳室の有無のチェックは欠かせません。

予めチェックしておけば、車内で授乳してから行動したり、授乳ケープを持参したりと準備ができます。

お出かけ先に赤ちゃん用の設備が整っているか事前に調べておくと出かけ先での行動がスムーズにいきますよ。

まとめ

赤ちゃん

初めての親子でのお出かけはドキドキしますよね。

赤ちゃんが一緒だとスムーズにいかないこともたくさんありますが、備えあれば憂いなし!

事前の準備とリサーチで赤ちゃんのリズムに合わせた楽しいお出かけをしましょう。

チャイルドシートやベビーカーに乗れず泣いてしまう子もいますが徐々に乗れるようになりますからおおらかな気持ちで寄り添ってあげましょう。

赤ちゃんも賢いので次第にこれは怖くない・大丈夫だと自分で理解できるようになるので安心してください。

泣くから・・・とチャイルドシートから赤ちゃんを降ろし抱っこするのは本当に危険です。

絶対にやめてください。

また赤ちゃんが泣けば抱っこしてくれる、乗らなくて済むと学習してより一層泣くようになります。

私たちが思っている以上に赤ちゃんは本当に賢いのです。

最初は緊張し戸惑うことも多いと思いますが回数を重ねるごとに慣れてきますよ。

可愛い我が子とのお出かけを楽しんでください。

育児カテゴリの最新記事